ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

これは本」 みんなの声

これは本 作・絵:レイン・スミス
訳:青山 南
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784776404507
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,572
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • パソコンと本

    パソコンに夢中のロバ君と読書しているサル君。
    かみ合わないやりとりは掛け合い漫才のようですが、軍配がサル君にあがってホッとしました。
    本はメールもツィッターもゲームもできないけれど、パソコン男のロバ君を夢中にさせる魔法がありました。
    本をロバ君にとられて、図書館に行こうとするサル君。
    イイゾイイゾ。
    この本は図書館の味方だ。
    本は充電不要だとサル君は言ったけれど、本はみんなを充電してくれますよ。
    絵本の好きな子どもたち、大人になっても本を大事にして下さい。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • ユーモアセンス抜群

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2010年のレイン・スミスの作品。
    彼は、「くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話」で1993年にコールデコット賞オナー賞受賞しています。
    他にも「ヒヤシンスひめ」「ジャイアントピーチ ダールのお化け桃の冒険」などの絵も描いており、一寸暗めですが魅力的な作品を発表しています。
    この絵本は、アメリカ・ニューヨークタイムズ紙「絵本部門」で23週連続ランクインを記録した作品だそうです。

    物語は、PCが得意なロバが、サルに「何 もっているの?」と聞くシーンから始まります。
    ロバは、本を知らないという設定らしく、
    「どうやって スクロールするの?」とか「ブログはしてる?」とか有り得ない質問を連発するのですが、それがかえって、デジタル書籍と本の差異を明確に浮き彫りにする効果を醸し出しています。
    本を見て、ロバが、「字がおおいよ。なおすね」という部分は、デジタルならではの発想で笑えてしまいました。

    デジタルの良さも勿論ありますが、本という紙媒体にも捨てがたいものがあることを訴求している、今ならではの絵本と言えそうです。
    このユーモアのセンス、私は好きです

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  •  「不読率」という言葉があります。
     これは一ヶ月に本を一冊も読まない児童・生徒の割合で、平成28年度では高校生57.1%、中学生15.4%、小学生4.0%という数字が出ています。
     これに対して、この率を改善しようと目標値も掲げられていて、平成34年度に高校生26%以下、中学生8%以下、小学生2%以下という、かなり高い目標となっています。
     小学生の不読率の割合が低いのは、「朝の読書運動」効果だといえます。
     それでも、その運動が徹底されていない小学校があったりすると、しかもそれが大きな学校であればあるほど不読率は高くなってしまいます。
     さらに問題は学年があがるにしたがって、その率があがっていることです。
     もしかしたら、子供たちは本の魅力にはまって「朝の読書運動」をしているのではなく、仕方なくしているだけかもしれません。
     小さい頃に本にはまった人はいつまでもその癖が抜けないものですから、子供たちには出来るだけ良書を読んでもらいたいものです。

     この本はタイトルのとおり、本の絵本です。
     パソコンの得意なロバくんと本が大好きなサルくんの、奇天烈な本についてのやりとりが描かれています。
     本なんか知らないロバくんはマウスがなかったりスクロールができない本が不思議でたまりません。
     しかも、本にはたくさんの字があるではないですか。
     でも、読み始めると、時間を忘れるくらい夢中になってしまう、それが本。

     きっとこの世界には多くのロバくんがいます。
     ただちょっと本の面白さを知らないだけ。
     この絵本のロバくんのように。本に夢中になってくれればいいのですが。

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • デジタルロバ君と読書好きなサル君のおもしろい
    掛け合いの絵本です。

    最後、ロバ君が本もいいかも?!と思うところが
    あります。これを文字で表現している場面は
    そうだよね!文字を読むっていいよね!と
    思う表現がおもしろいです。

    この二人のかけあい絵本。ではないところにも
    注目です。小さいツッコミがかわいいです。

    掲載日:2018/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • アナログとデジタル

    パソコンが得意なロバくんの初めて見た本への反応が面白すぎます!
    マウスは?パスワードは??って(笑)

    ただ、アナログとデジタル、どっちも理解できていないと、この面白さはわからないかもしれませんが…。
    そういう意味では、少し大きい子向けかもしれないですね。

    日進月歩のデジタル社会。
    でも私は、本はやっぱりアナログ派です。

    さてさて、本を理解したロバくんの反応は!?
    オチまでデジタルなロバくんが最高でした!

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本の魅力

    このお話は、パソコンが素敵だと思っているうさぎが本の好きな猿のもっている本の虜になっていくお話でした。うちの子は本もゲームやパソコンも大好きなのですが、本の虜になっていく様子がかわいくって面白かったです。

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代的

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    パソコンが得意なロバと本が大好きなサル。
    本を知らないロバがサルに本について質問をします。
    「ツイッターはできる?」とか現代的だなーと思いました。絵本でこういった単語が出るのは初めて見ました。
    2人のやりとりが面白い絵本でした。
    私は両方、利用してはいますが、やはり本のほうが好きです。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本の楽しさ

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子15歳

    センスの良い配色と、味のあるイラスト。
    大人向けの絵本かな?と思うような雰囲気です。
    思わずくすっと笑ってしまうけど、
    確かに今スマホやパソコンに、大人も子どもも夢中な世の中。
    改めて本の楽しさを知ってもらいたいな〜って思う一冊です。

    掲載日:2015/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 掛け合いが面白い!

    どんなお話なんだろう?と思いながら期待もせずに読んだのですが(ごめんなさい)、とっても良かったー。パソコン大好きなろばくんと、読書をしてるさるくんとの会話が描かれています。この会話がとっても面白いんです。最後にろばくんも本の良さをわかってくれるんですが、そこがやっぱり良かったです。現代をうまく表現している絵本だと思います。これを読んで「やっぱり本っていい」と気付いてくれる人がいるといいなーと思います。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何とふざけた題名の本なんだろうと思いましたが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    結構面白かったです。現代のネット社会に対する作者の方の皮肉が込められているのかな。笑 ロバくんは、ネット漬けになった現代の子供の象徴として描かれているのだろうか。こんな子ばかりではないことを願いたい。笑

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット