十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぼくキャンプにいったんだ」 みんなの声

ぼくキャンプにいったんだ 作:わたなべ しげお
絵:おおとも やすお
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1981年06月
ISBN:9784251000477
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • オレンジの車

    2歳後半に、このくまたくんシリーズを読み始め、
    すっかりお気に入りになった息子。

    大好きな乗り物が出てくるので、何度も何度も繰り返し読んでいます。

    この本を読む前に、「くまたくんちのじどうしゃ」を読んでいたので、
    オレンジ色のワゴンを見て、「くまたくんちのじどうしゃだよね」と、
    大興奮で語っていました。

    キャンプに行く道中も、大好きな車が出てくるので、
    ひとつひとつ指差して確認作業。
    なかなか先に進みませんがこれも楽しいですね。

    川でお母さんに水をパシャパシャかけると、
    お母さんが「きゃあきゃあ」言うシーンも大好き。
    この場面ではいつもニコニコしています。

    そして読み終わっていつも、
    「みっくんもキャンプにいきたいなぁ。」と・・・。

    もう少し大きくなったら、キャンプに連れて行ってあげたいなと思います。

    キャンプを経験したら、ぜひもう一度読みたい絵本です。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ていねいな絵本

    図書館で息子が握りしめたので借りてみました。文も絵もとても丁寧な絵本です。
    息子が2歳で初めて自宅で最初から最後まで集中して聞いた、長めの本でした。これ以降、このシリーズにはまることに。

    きっと作者の方には息子さんがいらしたんだろうな、というように、主人公のくまたくんが、我が家の息子と同じような行動をとるので母親としても面白いです。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャンプに行くなら

    キャンプの予定があったので、
    図書館で借りてきました。

    一緒に読みながら、親子でワクワク。
    息子も「海にいくの?川に行くの?」とワクワク。

    キャンプ場では
    くまたくんみたいにテント張りや料理のお手伝い。
    去年は戦力外どころか足手まといだったのが、
    くまたくんのおかげでお手伝いマンに。

    帰ってきてからは
    「ぼくも川で遊んだね。」
    「お船作りたかったな。」って・・・。

    読みながら、自然と会話が増えてしまいます。
    キャンプに行くなら、読めば楽しみ倍増です。

    もちろん、キャンプをしていなくても
    キャンプしている気分で楽しくなります。

    掲載日:2012/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファミリーキャンプ

    キャンプや旅が好きな家族です。娘もおととし、去年と続けて
    キャンプをしていますので、どうかな?と思い読んでみました。
    ああ、うちのキャンプの雰囲気とはだいぶ違うなあって思いました。
    だっておとうさんもおかあさんもくまたくんも、ものすごい荷物
    なんですもの!キャンプというよりはおうちが移動しているような
    感じです。でも昨今のファミリーキャンプはきっとこんな感じの
    人が多いだろうから、共感して楽しく読めるおうちもたくさん
    あると思います♪
    うちは、荷物が多いのは、心配性でいろいろ気になってしまう
    おかあさんだけですから(笑)。
    キャンプにいくと、くまたくん家族のように、みんなで協力して
    準備をすることができたりしていいですよね。自然とふれあうことが
    できるのももちろん素晴らしいし。

    娘はまつばのくさずもうを知らなかったので(力が強い人の方が
    勝つと思っている)今度やってあげなければ!

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めてのキャンプの前に読んであげたい

    娘はまだキャンプに行ったことがありませんが、キャンプの準備から丁寧にこまかく描かれていて、キャンプの楽しさがいっぱい伝わってきます。
    娘は、くまたくんが何を持っていくのか気になったようです。
    娘は怖がりなので、テントで眠るのが怖いと思っているのですが、こんな経験もさせてあげたいです。

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしもキャンプいったよ

    この夏休みにキャンプにいいたので、娘にこの絵本を見せたときの食いつきぶりは半端無く良かったです。
    タイトルをみたとたん、『わたしと一緒や!!!』と大喜び。
    読み進めていくと、これもしたあれもした、こんなんはしていなかったと、大興奮で読みきりました。

    大人が読んでてもとても心が温まり、いい内容だと思います。
    子供時代を思い出すような、懐かしい気持ちになります。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • テントに寝る!

    くまたくん一家が、購入したワゴン車で念願のキャンプにでかける話です。でも、車を買う話の方がシリーズの後になっているのですね。先に『くまたくんちのじどうしゃ』を読んだので、これはその続きなんだなと思っていたのですが・・・。

    一家三人でキャンプに出掛ける話です。楽しい場面ばかりですが、息子はうみべでお弁当を食べるところと、魚釣り、テントをはるところが特に気に入っていました。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にキャンプ気分!

    キャンプにまだ行ったことがない3歳の息子です。

    夏休みも、パパもママも仕事が忙しくて、
    なかなか遠出ができない我が家。

    ちょっと申し訳なかったけど、くまたくんのご本で
    一緒にキャンプ気分を楽しみました。

    くまたくんがリュックに持っていくものをつめるところは、
    何持って行くー?って聞いて、一緒にシミュレーション。

    車の渋滞のシーンは、
    「前、おでかけしたときもこんなだったねえ」と、
    リアル感をよりアップ。

    そして、カレーライス作り!
    「今度カレーライス一緒に作ろうね」と、お約束。

    母子ともに、いつか行きたいキャンプの予習にもなりました。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまくんシリーズ

    以前にもくまくんシリーズを読んだ事があり大友康夫さんの絵が好きなのでこの絵本を選びました。キャンプに行きたくなってしまう絵本でした。主人公のお父さんが実に逞しくてきぱきとしていてやっぱりお父さんって凄いな!と感心してしまいました。自然に対しての楽しみ方や知恵、畏敬の念を抱く事など行動を持って感じさせたお父さんとお母さんが素晴しいと思いました。私も娘と主人と皆でキャンプに行きたくなりました。

    掲載日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しかったキャンプを思い出しました!

    キャンプは、子供の小さかった頃、保育園時代から中学校時代の10年くらい毎年のようによく行きました。とても懐かしく当時を想いました。親戚、友達と1泊2日で、そうそう、くまたくんのように支度も楽しくて、やっぱりカレーライスを作って食べました。くまたくん家族と一緒です。キャンプでは、お父さんの活躍が必要です。くまたくんもおとうさんとのんびり釣りが出来てよかったです。キャンプデビューの人の為にもとても役立つ絵本です。都合でキャンプにいけない子にも絵本でキャンプを楽しめれると思います。もし、孫が行く事が出来るようになったら、ぜひ行きたいです。くまたくんに夢と希望をもらいました。

    掲載日:2008/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ / ピヨピヨ スーパーマーケット / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット