しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ともだちやふつうだと思う みんなの声

ともだちや 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1998年01月
ISBN:9784032048902
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,506
みんなの声 総数 187
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 4歳には難しい・・。

    きつねくんがともだちやをする話。

    わかりやすい言葉を使ってることや、文章量からみれば4歳でも十分かとおもったのですが、
    伝えようとしているメッセージがちょっと4歳児には難しい気がします。

    お友達はお金では買えないこと。
    無理にお友達のフリしても、やっぱりどこか無理がある。
    というようなことを伝えたいのかなぁと推測するのですが、もうちょっとお友達同士の関わりの深い小学生向けなのかなぁとおもいます。

    小学校に入ったらもう一度読んであげたいです。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ともだちを売り買いするって

    ともだちを売り買いするという内容ですが、実に現代的な話だと思いました。
    現代っ子にはとても人気があるようですが、日本の社会はなんでもお金さえあれば手に入れることができ、また、実際、ほしくないものさえも街を歩けば売っていて、簡単に買うという行為がなされている世の中なので、こういった本がうけるのかと思いました。

    でも、どうでしょう。話の結末はともかく、そもそも友達を売り買いするとか、いらないとか、そういった考え方自体を、まだ価値観が形成されていない子供に伝えるのはどうかなぁ・・っと思いました。

    掲載日:2007/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったね☆

     息子の感想は、「キツネさん、よかったね!オオカミさんと仲良しになれて・・・」だそうです。私も「よかったね・・・オオカミさんと仲良くなれたことで、ともだち の本当の意味に気づくことができたね☆」と思いました。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねのファッションセンス

    子供は、表紙のきつねの格好をおもしろがって真似して遊んでいます。ちょうちんと上り旗は背中にさし、それにうきわまでつけて、可笑しいです。お話は「友情はお金で買うものじゃない」という内容です。最後は本当の友情が芽生えたのだからよかったね、という感じです。子供は、迫力のある絵は楽しんでいましたが、ストーリーにはあまり興味がないようでした。形の見えないものにお金を払うということが、まだ理解できないのだと思います

    掲載日:2007/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / はっぱのおうち / うしろにいるのだあれ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

全ページためしよみ
年齢別絵本セット