たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

おならのしゃもじ」 みんなの声

おならのしゃもじ 作:小沢正
絵:田島 征三
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784774605685
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,590
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ぷっぷくぷう

    田島征三さんの絵と痛快で楽しいおならの音。にぎやかで元気で楽しいお話です。
    子どもの好きなおならがこんなに楽しくかかれていて、読んでいてたまりませんでした。
    何度も読んでとリクエストされます。
    変なおならのでるしゃもじをもらった若者。最後は調子にのって自分のおならがとまらなくなるのでは、なんて思ったのですが。。。この若者最後はこのおならのしゃもじでお嫁さんまで。なんともまあめでたいお話。
    とても楽しい本です。おすすめです。

    掲載日:2013/08/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 田島さん

    田島さんの作品だったのでこの絵本を選びました。豪快でパワフルな絵が良いと思いました。力強い文章とぴったり合っているのが素晴らしいと思いました。文章のテンポが良いので楽しく読むことが出来ました。様々な好きな物の名前がぽんぽん登場するのが気に入りました。

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 神様もおもしろい(昔話の神様は発想が豊か)

    おしりだ おしり
    あかい ほうで なでろ くろい ほうで なでろ
    こんなことを 言う神様もいるんですね

    おなら、 くさいおならは ごめんですが おはなしの おならは 
    においなしで しかも おもしろい音楽のよう!

    うまのおならはーおいもと ごぼう
    おさむらいはー かぼちゃ らっきょ
    むすめはー   きなこ  おもち
    それぞれに すきなものでは?(おおきなこえでいえば 笑えますね)

    田島さんの絵は 絵本を広げて一面に描かれていて絵巻物のように思えました。びょうぶは 中国のような山紫水明 むすめは おしゃもじでおしりなでられて 恥ずかしそう・・・・
    でも しゃもじのおかげで 結婚して子どもまでうまれて 幸せ
    めでたし めでたし  

    掲載日:2010/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大笑いの昔話

    これは昔話なんですね。全く初めてのお話でした。
    最初に貧乏な男の人が神様にお祈りしたら
    赤いしゃもじと黒いしゃもじが落ちていて・・・という展開に
    「ん?わらしべ長者?」とか思っていたら
    なんとなんと派手〜〜〜なオナラのオンパレードで話は
    とんとん拍子に貧乏な男の人をお決まりな展開に。
    オナラの音が長くて面白いですね。
    なんで「おいも」とか「かぼちゃ」とかの食べ物が間に入っているんだろう??と思ったんですが
    オナラの出やすい食べ物・・・?なんでしょうかね。
    ま、深く考えずに楽しみましょう♪
    学校での読み聞かせなんかでも盛り上がれそうですね^^

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 純粋に面白い

    おならうたにハマっており、おならの文字と表紙に反応したみたいで、図書館で息子が持ってきました。このコはウンチとかオナラとか大好きだなあ、と思いながら(どのコもそうなんでしょうが)読んでやると面白い!しかもいいことしたのは、侍に絡まれた子供を助けるときだけで、あとは馬の件も娘の件も自作自演ですもんね。他のどのお話も教育的だったり、何らかの意味を込めたりしているから、たまにはこういうお話も純粋に楽しめていいんじゃないかな、と思いました。
    なんと言ってもおならの音が痛快!色とりどりなところがさらに迫力を倍増させてます。
    ちなみに、その音の中に「おいもとごぼうが」「かぼちゃとらっきょが」「きなことおもちが」というのが出てくるんですが、主人が「これはイモとゴボウを食べたから、音になって出てるのかな?」とか言ってました。そこまで気付かなかった…実は相当奥が深い絵本かも!?

    掲載日:2009/05/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子と大笑いしました

    「ねずみのうちわ」を読んでから小沢正作品が気になっているので選びました。題名に「おなら」がついているので、息子も気に入るだろうと思いました。

    おならを出す赤いしゃもじと、おならを止める黒いしゃもじを手に入れた若者。しゃもじを使って自作自演の人助けをします。
    そのおならの出方がとてもおもしろいのです。「ぷっぷくぷう とっぴりぴん」この音に息子と大笑いしました。

    食べた物がおならで出るのでしょうか?人や動物でおならの食べ物が変わるのがおもしろかったです。

    刀を振り上げているおさむらいをおならでこらしめるところがよかったです。

    子どもはおならネタが好きなので、きっと喜ぶのではないかと思いますよ。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • おならで幸せ♪

    おならを自由自在にあやつることのできるしゃもじ!!
    なんておもしろい発想♪
    子どもって、おならの絵本大好きですよね・・・。
    我が家の娘も、しっかりはまってくれました。
    昔話のような雰囲気もとても良いと思いました。
    こんな道具で幸せをつかんでしまうなんて、
    なんだかずるいとも思っちゃいました(笑)♪

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすいユーモア昔話

    • ちゃま吉さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子10歳

    4年生の読み聞かせで読みました。本のタイトルでまずクスッと笑いが起きます。内容はわかりやすい昔話で貧乏な若者が黒いしゃもじと赤いしゃもじを手にする事で人生が変わっていきます。おならという部分でユーモアがあります。ぷっぷくぷう〜と楽しく読むのをお勧めします。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなのあるといいな

    いろんな音のおならがでてきて おもしろかったです。みんなちがう音で おもしろかった。
    おならがでるしゃもじは、見たことありません。なんでおてらのまえに、あったんだろう。
    もし、あったら、お父さんのおしりをなでます。ねてるあいだに、なでたいです。ぶいんぶいん、おならがでて、お父さん、びっくりするだろうなあ。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いを誘う

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    小学校低学年向けの読み聞かせ会で読みました。
    幼稚園から低学年くらいの子は、おならっていうだけで興味津々なので、タイトルを言っただけで、笑いが。読んでいる最中も何度も笑い声が上がりました。笑いを取りたい時に、お勧めの本です。でも、教訓めいた昔話ではないので、あくまでもかる〜い読み物としては、お勧めです。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / ウェン王子とトラ / ダメ! / まんまる ハオちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット