なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

じっちょりんのあるくみち」 みんなの声

じっちょりんのあるくみち 作:かとう あじゅ
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784894237285
評価スコア 4.82
評価ランキング 176
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

55件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • この本の紹介をメルマガで見て、即購入しました
    それはどうしても読み聞かせたい女の子がいたからです
    わたしはその子と学校の校庭を散歩してたくさんの野草を摘みました
    それを押し花にして図書館から図鑑を借りて名前を調べて…
    この本にはそれらの花のほとんどが描かれていました。ちゃんと名前付きで!
    女の子は「じっちょりんて何?」と笑顔でいい、「この花こんな名前だったんだ!」と驚き、じっちょりんが踏まれないようによけたり、靴に乗ったりする絵に喜びました。幼稚園の名前やお店の名前にも、私よりも先に気付き、笑いました。
    最後の最後まで、ほんとに細かい部分にも、作者の、じっちょりんと読者への小さな愛がちりばめられていて、それが野草が成長して花咲くように、読み手の心の中で大きく大きく膨らむのを感じました。
    また野草を摘みに行きます。今度はじっちょりんを探しながら歩くことになるかもしれません。^^

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • じっちょりんの世界!

    「じっちょりん」という聞き慣れない言葉(名前?)に、
    思わず惹き付けられてしまいました。

    じっちょりんとは、花びらや葉っぱ、花粉や蜜を食べて生きている
    小さな生き物のようです。でも、種だけは食べないんですね。

    種を集めて、いろんな場所に種まきをしている姿に、思わず
    ほっこりとしてしまいました。時々、「なんでこんなところに!?」
    というような場所に植物が植わっていることがあるのですが、
    なるほど、「じっちょりん」の仕業だったんだと思ったら、
    納得してしまうのは私だけではないはず(笑)
    じっちょりんを見たことがないのは、きっと彼らが隠れるのが得意だからなんでしょう。

    彼らが植えているのは、ハルジオンやカタバミといった、いわゆる雑草と
    呼ばれるような植物の種なのですが、決してメインにはなれないけれど、
    たとえ誰も目に留めないような場所であっても、心をほっこりさせてくれる
    小さな花を咲かせてくれているんですよね。
    私は道ばたに咲いているそんな雑草が大好きなのですが、こんな風に雑草に
    着目してくれたこの絵本に感謝、感謝です。
    描かれた雑草の名前もちゃんと明記されているのが嬉しいですね。

    じっちょりんは、本当に存在しているんじゃないかって思わせてくれる、
    想像力をかき立てられるような、素敵な一冊だと思います。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • こういうことだったんだね!

    • こうちゃさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    図書館でオススメの本と紹介されていたので、子どもと一緒に読みました。
    はじめは、どこに主人公がいるのかわからなくて、本をグッと近づけて読みました(笑)
    途中に草花が出てくるのですが、図鑑のような絵で、また違う楽しみ方ができる1冊です。
    うちの子どもは、アスファルトなどにある草花は、じっちょりんがタネをまいていたんだね!こういうことだったんだね!と嬉しそうに読んでいました。
    明日道端で、じっちょりんがタネをまいた草花をさがすと張り切っています。他のシリーズもぜひ読んでみたいと思いました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 近所の道とよく似ている

    3歳の娘のお気に入りの絵本のひとつです。

    じっちょりんの歩く道は、私たちが今住んでいる家のまわりの風景とよく似ています。

    団地があって、路肩に穴の開いたスロープがあって、階段があって。

    咲いている花も、よく見かける小さな雑草たちです。

    散歩しながら、じっちょりん達いるかな?とかこれはじっちょりんが蒔いた花かなぁ?などと話しながら、自然を観察できます。

    日常のなかの、小さな小さな場面をとらえるのが、子供は得意ですが、そんな子供の視点をうまく押さえた、良本です。

    子供のちいさな観察眼を大切にしていきたいと思います。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっちょりんになった気分

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    春になって私のうちの周りの道端にも,かわいらしい花たちが咲いています.もしかしたらじっちょりんたちが種をまいてくれてたのかな?花壇にきれいに並んで咲いている花もいいけれど,道端にひょっこり咲いている小さくてかわいらしい花も心を和ませてくれますよね.
    この本には外を歩いていると出会うことのできる草花が名前入りで載っているので,ストーリーを楽しみながら植物の名前も覚えることができます.息子も「これ見たことあるよ」という草花がいくつもあってうれしそうでした.
    絵がじっちょりん目線で描かれていて,自分も小さくなった気分が味わえて,犬のシーンは息子を私もドキドキしてしまいました.
    最後のページは,じっちょりんたちが今回歩いたルートが分かるようになっていて,息子はそれを見ながらもう一度おさらいするように読み直すのが好きみたいです.

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 二冊目、ハマりそう!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    絵本ナビさんのメルマガで紹介されていたじっちょりん。
    最初に、「ふゆのみち」を読んで、
    この「あるくみち」を読みましたが、正解だったみたい!

    「あるくみち」はあちらこちらに、春の花が咲いています。
    私が子供のころによくみた、
    名前は知らなかったけどお馴染みの花がたくさん出てきて、
    とても懐かしい思いがすると同時に、
    名前も書いてくれているので、
    「あーこんな名前の花だったのか!」と
    いまさらながらも名前を知ることができて、
    とても収穫のあった一冊でした。

    一方の娘は、
    「うわあ!せんたくばさみ、大きい!」
    「私の靴には、じっちょりん、のせてあげないよー。」

    なんて好き勝手いって、娘なりに楽しんでいました。

    最後のページにはじっちょりんが辿ってきたルートが
    地図上に表記されていて、
    なかなか面白かったですよ。
    じっちょりんシリーズ、ちょっとハマりそうです。

    掲載日:2015/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議だけれどリアルな世界

    3歳10ヶ月の息子に図書館で借りました。
    彼はじっちょりんシリーズを読むのは2度目。

    不思議なじっちょりん家族ですが、雑草を含む植物などはリアル。
    ちいさなじっちょりんたちの視線が絵となっていて、
    それだけで楽しいです。
    道路と敷地の間におく、段差を解消するスロープの下の見開きの絵が
    私はとても好きです。
    こんな風に日光が差し込んでくるんだとしたら、なんだかとてもステキ。

    温かい視線で描かれたストーリーと絵。
    春の雑草の種類がよくわかりますが、、
    外来種のことも描かれていたらもっと良かったです。

    息子もまあまあ面白かったみたいです。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっちょりんありがとう!

    じっちょりんって可愛いネーミングに微笑んでしまいます。じっちょりんたいが、種を食べないで種を植えていると思うと雑草も愛おしくなります。コンクリートからはみ出してすくすく育っている雑草もきっとじっちょりんのお陰だと思うと健気で愛おしくなります。じっちょりんに、「ありがとう!」と、素直な気持ちでお礼を言いたくなりました。

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小さな世界!

    小さな小さなじっちょりん家族の小さな世界が丁寧に描かれています。
    どんぐりのかばん可愛らしいです。
    小さなじっちょりん達から見た花々,花の名前も書かれていてちょっとした図鑑のような感覚で楽しめます。

    我が家の4歳の娘は,この絵本に登場する幼稚園児の女の子とお母さんがやたら気になったようでした。
    じっちょりん家族が女の子の靴に乗って横断悟道を渡るシーンが特に興味深かったようです。
    階段の上の花,とても素敵でした〜!
    最後にじっちょりんがたどった地図が描かれていたのも魅力的でした。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっちょりんが大好きに♪

    じっちょりんって名前がとってもかわいいですよね♪
    何もなくても、ついつい「じっちょりん」って言ってみたくなります(笑)。
    中身も充実した、とっても素晴らしい絵本でした。
    植物がたくさんでてきて、その名前も書かれているので、
    ストーリーだけではなく、植物の名前を覚える本としても、おすすめ
    です!!
    絵もあたたかみがあって、一目見て、気に入りました。
    シリーズでたくさん出てほしいなと思える絵本でした!!

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    1

55件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / よるくま / チリとチリリ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット