くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

串かつやよしこさん」 みんなの声

串かつやよしこさん 作・絵:長谷川 義史
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784752005339
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,446
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 大人も子供もそこそこ楽しめます。

    • ちょこ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子12歳、男の子10歳

    長谷川義史さんらしいといえばそうですが
    ストーリーそのものにはあまり奥深さはありません。
    ダジャレ、語呂合わせを単純に楽しむという点では
    本当におもしろく、読み聞かせの「つかみの一冊」にもってこい。
    子供が大好きな「繰り返し」で進むお話は
    小さなお子さんでも楽しめます。

    ただ、大人が面白いと感じるものと
    子供が面白いと感じるものは全く別物なので
    どちらかというと、子供たちより一緒に聞いている保護者や先生のほうが
    ニヤニヤ、プププ・・・と期待通りの反応をしてくれます。

    絵は相変わらずすばらしい。
    何がすばらしいって、そこかしこにチラリと隠されている小ネタの多いこと。
    よしこさんの注意書きや裏技、
    お品書きのメニューや
    有名人からと思われるサイン色紙。
    何度も繰り返して読むたびに
    「あ、こんなところにも!」の発見があり
    まるでディズニーランドのような絵本です。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  •  今度は串かつ屋さんかぁ〜。
     図書館で見つけて借りてきました。

     串かつ名人のよしこさんのお店にやってくるのは、どこにでもいそうなおこりっぽい人・カップル・お洒落な人等々。
     
     よしこさんの串かつで、見事抱えている問題をスッキリさせて皆さんお店を出て行きます。

     わたしは“カップルがレンコンの串かつを食べて・・・”の、ページに大笑い。
     中一の息子は「山本プリのスケ」のたすきにハハハ。
     そして壁に貼られているお品書きの、“うし”を指差しひっくり返っていました。

     読後“ソースのにどづけ ごれんりょ ください 人生いちどきり よしこ”の注意書きを思い出しつつ笑いが止まりませんでした。

     見返しのメニューの絵に見入り、トマトとめんたいこは経験が無いので、一度挑戦してみようかなんて考えちゃいました。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 5歳11ヶ月の孫が保育園から借りてきました。よしこさんが、揚げる美味しい串かつは、食べる人を幸せにします。プリプリ怒ったお客様は、美味しいイカを食べて、「いろいろ あるけど ま、いっか」。お洒落なお客さんは、うずらを食べて「これは うまい」とかつらを脱いで帰って行った。カップルのお客さんは、れんこんを食べて”結婚の約束”をしたのには、びっくりです!泥棒は、あわびの串かつを食べて改心したのはよかったです。よしこさんの「それでは ようござんすね。あげさせて いただきます」にすっかり気に入って一緒に言っている孫でした。絵のいろいろ工夫されて楽しめました。ねこちゃんは、どの場面にも登場して一役かってました。最後には、お洒落なお客様の脱いだかつらを被って、凄くお似合いでした。駄洒落満載で、楽しくよめる絵本です。ちょっとめいった時にもおもいっきり笑えます。

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 串カツのプロ

    絶対にからりと揚げるよしこさん、すごいですね。
    そして、クールな様子がプロらしいですね。
    串カツって、こんなに種類があるのですか?それともよしこさんだけ?
    張り紙とか、ネコさんの様子とか、お店の絵も気になります。
    なんであわびなんだろう?ああ。そうか、、でした。
    楽しい絵本ですね。

    掲載日:2018/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝ぼけて読んではいけない

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳

    初見で読み聞かせしたとき、自分が眠くて「そんなに面白くない」と思ってしまいました。
    息子が「面白かったね」といっても、なにが?と・・・
    でもちゃんと頭が起きてるときに読んだら、なかなかじゃありませんか!
    カップルが、レンコンを食べてけっこんの約束をしたり
    泥棒が、アワビを食べてお詫びをしたり
    確かに面白いではありませんか!!
    寝ぼけて読んだらダメなやつです(汗)

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • クスリと笑える

    人々をしあわせにする、よしこさんの串かつ。

    口数少ないよしこさんですが、この落ち着いた雰囲気が素敵です。
    一本筋の通った接客は、かなり職人っぽいです。

    カラリとあげる串カツに、クスリと笑ってしまうオチ。
    読む人もしあわせにする、よしこさんの串かつでした♪

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西の楽しさ、見どころ満載ですね。

    長谷川義史さんと同じく、私も、
    昭和30年代の関西人ですから、
    ちょっと見ただけで
    この作品のおもしろさ、ダジャレ、オチ、
    わかりすぎてしまうぐらいです。

    串カツ、お店の様子、お客さんとのやりとり、
    おもしろいとおもいました。

    でも大阪の様子がこれがすべてと思われては
    困りますが(笑)
    笑いのツボというか ノリのよさ、
    ボケとツッコミはさすがだなぁと思いました。

    「これ オモロイでぇ〜」と
    子供さんと一緒に絵を見ながら
    笑ってみるんもエエんとちゃいますかー

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなを幸せに

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    串かつやよしこさんのお店に来る人はみんな幸せになれるようでいいなーと思いました。
    よしこさんはパッと相手のことをしっかりと分かってしまうんですかね。
    どろぼうが来てもクールなよしこさん。仕事をこなします。かっこいいと思います。
    私が行くと、どんな串かつが出てくるのかな。

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でしょうね、自分で描いてお話も作った本だから、ここまで面白く読んであげられるのかなと思いながら聞いていました。絵本の中にはちょいちょい「あ!」と思えるポイントがちりばめられており、それを探すだけでも十分楽しいです。大人の私が、長谷川先生、またこれ読んで〜。と言いたくなる絵本です。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • みどころ満載

    長谷川義史さんの絵本はいつも絵の中に、言葉の中に楽しさがあふれています。
    絵の中の細かい部分にも楽しさがいっぱいかくれていて、みどころ満載です。
    串カツやのよしこさん、たんたんと串カツをあげていくさま、立派。
    いろーんな変なお客さんがやってきますが、よしこさんはぶれません。串カツをたんたんとあげていきます。
    変なお客さんとよしこさん。楽しい言葉、おもしろい絵、大人も子どもも楽しめる本です。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット