宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おたんじょう月おめでとう6月生まれ ながぐつくんとあまがさちゃんふつうだと思う みんなの声

おたんじょう月おめでとう6月生まれ  ながぐつくんとあまがさちゃん 作:中川 ひろたか
絵:高橋 和枝
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年04月29日
ISBN:9784426110567
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,074
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外と子どもはツボかも?

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    中川さんのこの“おたんじょう月おめでとう”シリーズ、
    「おっ!?」と思う作品もあれば「ふーん・・・」と言う感じの作品もあり・・・;
    この作品は“1月”を読んだ時と同じような印象でした。
    ちょっと単調だなぁ・・・と;(ゴメンナサイ)

    でも、子どもって、雨とか水溜りとか虹とか、大好きですよね。
    何気ない日常のひとコマなのだけれど、子どものツボを突いているので、
    意外と娘は大喜びしそうだな〜とも思いました。

    今回は私一人での試し読みでしたが、
    実際に手に取って娘に読み聞かせてみたら、評価は変わるかもしれません^^

    投稿日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おやさいどうぞ
    おやさいどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人気しかけ絵本第2弾・テーマは野菜★おやさいの皮をむいて切って・・・「はいどうぞ」!


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット