雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

菜緒のふしぎ物語」 みんなの声

菜緒のふしぎ物語 作:竹内 もと代
絵:こみねゆら
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784752003373
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 続きがあれば読んでみたい

    息子の4年生の国語の教科書の中に紹介されていたお話でした。

    竹内もと代さんの作品をまだ読んだことがなかったのですが、調べたら『雪むかえの村』という絵本があり、その作品がよかったので、この話も期待しながら読みました。

    9歳の奈緒は、祖父母と曾祖母が住む古い家へ一人で泊まりに行きます。

    古い家を取り壊して建て替える話も出ていたのですが、その家には不思議なものたちが住んでいました。

    曾祖母・さよが家に住むものたちの不思議を奈緒に教えてくれます。

    舞台となるのがかやぶき屋根の家。

    ざしきぼうずの存在を教えてくれるのが88歳のさよばあちゃんということで、不思議なものが出てきてもその成り行きが自然に感じられるお話です。

    こみねゆらさんの絵がとてもかわいくてまた色遣いもとてもきれいで、幻想的なお話に花を添えているように思いました。

    この話の中には冬の話が出てこないので、この家で起こる冬はどんな光景だろうと思い、もし続きがあるなら読んでみたいと思いました。

    続きがあるような終わり方にも感じました。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット