おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ねぇ、わたしのことすき?」 みんなの声

ねぇ、わたしのことすき? 作:カール・ノラック
絵:クロード・K・デュボワ
訳:河野 万里子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年12月
ISBN:9784593504275
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,481
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生まれたばかりの赤ちゃんとのやりとり

    3歳9ヶ月の息子に読んでやりました。もうすぐ妹が生まれるので、そのときの息子の反応を疑似体験できるようにと思って読んでやりました。

    この「わたしのことすき?」というのは、ママに対して疑問をなげかけているのかと思いましたが、実は生まれたての赤ちゃんに対しての疑問でした。生まれたばかりの赤ちゃんがこんなになんにもできず、とても楽しみにしていた赤ちゃんが自分に対して反応してくれないことに対して疑問を感じたからみたいです。普通は赤ちゃん返りして、ママに対する疑問と捕らえるのですが、ちょっとここが違い、読んでいて意外な展開に驚きましたね。おかげで、赤ちゃんは生まれたてのときはなにもできないので、お兄ちゃんのことを好きとかきらいとかも表現できないんだよ、とあらかじめ教えてあげることが出来ました。

    赤ちゃんが生まれたとき、赤ちゃんがどんな様子なのか、自分に対してどんな風なのかを教えてあげるには手ごろな本だと思いましたよ。お兄ちゃん、お姉ちゃんになる子に是非読んであげてほしい一冊ですね。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • おねえちゃんになったけど

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    お姉ちゃんやお兄ちゃんならだれでも、妹や弟ができたときのうれしさと同時に起こるさみしさやうらやましさという気持ちをもったことがあると思います。主人公のロラを通して、その気持ちがよみがえりました。
    ロラが赤ちゃんに、「自分のことを好きになってほしい」と思う気持ちが強く伝わってきて、かわいい!の一言です。赤ちゃんが生まれても今までと変わらず、愛されていることを知ったとき、安心するんですね。
    これからのロラの成長を期待してみたいと思います。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパとママにもお勧め

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳2ヶ月

    ロラに弟のテオが生まれました。
    とっても嬉しくてたまらないロラですが、空回りばかり・・。
    可愛がりたいのですが、テオはないてばかりいて、
    いつしかロラは、「自分のことが嫌いなの?」と
    不安になってしまいます。
    また、パパとママもテオのことばかりで、
    ロラは寂しくなってしまいます・・。

    このお話は、下に弟や妹が出来た子の心理を上手に表現していると思います。また、上の子が、赤ちゃんの事もとても
    可愛いと思う反面、パパとママの意識が離れてしまう寂しさも、とても良くわかります。

    パパとママにも是非読んで欲しいなと思う
    一冊でした。

    掲載日:2006/05/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供心

    • りじゅらさん
    • 20代
    • ママ
    • 岩手県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ハムスターのロラに弟が生まれました。
    ロラは嬉しくって、たまりません。でもロラが一生懸命あやしても赤ちゃんはすぐ泣いてしまい,「自分の事が好きじゃないんだ」と落ち込みます。自分のお気に入りの人形をあげたり、ゆりかごを揺らしたり。でもダメ。そして、パパとママがTVを見ている時こっそり赤ちゃんに「大丈夫?嫌な事はない?」と
    話し掛けると、眠っていた赤ちゃんがにっこり笑ってうなづいたのです。ロラは大喜び。自分の事が好きだって。
    嬉しいけど、ドキドキ、複雑な子供心をかわいらしく書いていて
    大好きです。シリーズになっているようで、これは5冊目くらいでしょうか?是非,他のシリーズも読みたいと思います。

    掲載日:2004/09/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • お姉ちゃんになるとき

    このシリーズを何冊か読んでいます。
    いつも、タイトルがうまいなーと関心しているのです。
    ママの心に、ダイレクトに伝わるようなタイトルが多いので、思わず手にとってしまいます。

    今回は、ロラがお姉ちゃんになるお話です。
    ロラのゆれる気持ちが、よく描かれていると思います。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい かわいい ロラ

    (ねぇ、わたしのことすき?)題名と、挿絵が、とても気に入り自分のためによんでみたくなり、えらびました。
    中身、内容もとても素敵で、よかったです。子供の気持ちが大変よく表現されています。あかちゃんがうまれて、あかちゃんにてがかかっているときに、上の子の気持ちがとても上手く表現されているので、関心します。わたしは、上の子の気持ちに、きずいてやれなかったのではと反省です。
    今からでも遅くない。孫に、いかそうとおもいます。
    子育て中のおかあさんに、ぜひ、読んでほしい本です。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 弟とか妹だ出来たときに上の子に読ませたい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ハムスターのロラのシリーズで、今回はロラに弟のテオが生まれたお話です。
    最初のシーンでは、病院に会いに行くのですが、勝手にあちこちに出入りしてしまい、パパから大目玉。
    弟のテオが家にきたら、パパとママの関心がテオに移ってしまったのではないかという気持ちになったり、テオと接しても泣かせてばかりだったりと、ロラの悩みは続きます。

    ストーリーは、全く人間社会と同じ図式で、どこの家庭でも実際に起こっていることを、ハムスターに置き換えただけのものです。
    実は、最初に長男がこの本を読んだのですが、「こんなことあったよなぁ〜」と白状していました。

    特に弟とか妹が誕生したような兄弟姉妹の上の子に読んであげると、とても良い絵本だと思います。
    また、大人の側からしても、お兄ちゃん、お姉ちゃんはもしかしたら、こんな気持ちでいるかも知れないと考えさせられる絵本として読まれると良いと思います。

    フランスの絵本のようですが、こういう出来事は万国共通なのだとホットさせられました。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなシリーズです

    娘も私もロラちゃんシリーズ大好きです。我が家の娘はひとりっこです。だから兄妹や赤ちゃんに非常に興味があるようでそういう類のお話が特に好きです。このロラちゃんにも弟が生まれたのですがおねえちゃんになったロラちゃんが非常にいじらしくかわいいです。娘も気に入ったみたいで読んだ後によかったよかったと満面の笑みを浮かべておりました。

    掲載日:2006/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット