もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きみ、ひとりじゃない」 みんなの声

きみ、ひとりじゃない 著:デボラ・エリス もりうちすみこ
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784378014890
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生き延びること

    つい最近まで、日本はとても安全な国だと思っていました。

    3月の震災を経て、地震や津波・原発のある日本も安全とは言い切れないということを思うようになりました。

    デボラ・ハリスの本はこれまで二冊読みましたが、どれも困難な場所に住む子どもたちの過酷な現状を描いていました。

    この作品の中に出てくる少年少女たちは移民です。

    フランスの移民街から新天地を求めてイギリスにボートで渡るのです。
    それは決して簡単なものではなく命がけなのです。

    その前にも命からがらで自国を脱出した少年たち。

    おかれていた状況が次々と明らかにされますが、どれも過酷で非情なものなのです。

    島国の日本ではあまり知りえない大陸ならではの、それぞれの国の事情も垣間見えます。

    震災は私たちが持っていた価値観を変えていくものだったと思います。

    非常時に国も行政も助けてくれることはない、自分の身を守るのは自分のみであることを痛切に感じました。

    今後、私たちも含めて大人はどう生きていくのか、子どもに何を伝えていくのか。

    大切なことは命であることにかわりはないと思いますが、何があっても生き延びること、自分の心を強く持つこと、そんなことを思うのです。

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット