おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ボクのナマエ」 みんなの声

ボクのナマエ 作・絵:トキウチガクシ
出版社:新風舎
本体価格:\800+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784797448177
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「ボクのナマエ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 全世代のための本

    • シルキーママさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子19歳、男の子11歳、女の子8歳

    自分はなぜここにいるんだろう。
    何のために生まれてきたんだろう。

    子供たちが大人へと成長していく間に一度は思うこと。
    この本ではそれを優しく温かく問いかけてくれます。

    8歳の娘はロボットの楽しい冒険のお話として色々なナマエを考えていました。
    10歳の息子はこのロボットの役割を考えていました。
    もうすぐ社会人となる予定だった娘は自分と重ね合わせて考えていました。
    そして大人の私はこの本をきっかけに子供たちと話が出来たことを感謝しつつ、自分の若かりし頃を思い出していました。
    いったい自分はナマエを見つけているんだろうかって・・。

    どの世代、年代であっても楽しめる本です。
    ぜひ家族でこの「ボク」の「ナマエ」を見つけてください。

    掲載日:2007/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙にも載ってる、ロボット君のきょとんとした表情、明るくやわらかい色調とタッチの絵に惹かれて購入してみました。
    帯に書いてある「たいせつなものをさがしにいこう」というのが、この本のテーマらしく、とことことロボット君が冒険に出かけます。
    この手の本にありがちな、説教くささや、旅路をジャマする、意地悪なキャラは出てきません。
    とてもシンプルな設定ですが、それだからこそ、読む人の心境でどのような冒険もできそうな物語り。
    何度でも読んで、何度でも旅に出られそうなお話です。
    ジャンルとしては「絵本」に分類されて、子ども向けなのでしょうが、大人の私でも充分に楽しめます。
    このやわらかな色彩は、見ているだけでもほっとします。
    絵本にしてはコンパクトサイズなので、お子さまの一人読みにはピッタリだと思います。
    よく見ると、ロボット君にも表情があるのを発見しました。
    作者のこだわりを見たようで、なかなかの一冊だと思います。

    掲載日:2005/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット