ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

にぎやかな ほん!」 みんなの声

にぎやかな ほん! 著:デボラ・アンダーウッド レナータ・リウスカ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784895728270
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,481
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さまざまな音の発見!

    同作者「しんとしずかな、ほん」と対をなす絵本です。
    どちらかというとパパが豪快にアドリブの音表現をつけると大盛り上がりすると思います。(そしてその後はママが“しんとしずかな、ほん」を読んでおやすみなさい、なんて出来たら素敵です。)

    まず私のオススメ理由は絵のかわいらしさ。
    絵を見ているだけで和んでしまいます。

    そして、日々にあふれているさまざまな音を可愛らしいイラストの動物達が各ページで紹介していきます。

    タイトルどうり「にぎやかな音」を集めた本です。
    でもうるさいだけではありません。
    そうだ、言われてみればそうかも、と納得しながら音を再認識!

    「にぎやかなほん!」といっても本当に種類豊富な音がでてきます。
    定番目覚まし時計の音、プールでのさまざまな音、いびき、
    同じ音でも映画館だと、、、 音は描写されていません。
    自分達で音をアドリブで足して読むととても盛り上がる1冊。

    小さなお子さんには音を紹介してあげる絵本として、大きな子&ママ、パパにはさまざまな音があることの再発見をして楽しんでください。

    *洋書もシンプルでおすすめ
    The Loud Book!
    There are lots of louds: Alarm Clock Loud
    Last Slurp Loud

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんな音

    タイトルのとおりいろんな音が出てきます。

    擬音がただかかれているのとは違って、

    何がどんな感じなのか描かれています。

    最初から最後までそんな感じです。

    お話ではありませんでした。

    一ページずついろんなことが描かれているので

    絵を見ながら楽しめます。

    でてくる動物の絵の毛並みがフサフサしていて

    かわいかったです。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな音があるんだね

    めざまし時計のベルのすさまじさ
    スープを飲む、最後のひとすすりの音
    おんぼろ自動車が吐き出す音
    という具合で、いろんな場面の違った音が次々に登場します。
    そして、登場する動物たちがとにかくかわいいのです。
    表紙からして、何やってるの?なんだか楽しそうだねと、思わず笑顔になります。
    動物たちの動きが見え、表情も、状況がしっかりと伝わってきます。
    表紙の絵からも、楽しんでいる様子がよくわかります。

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな音

    この絵本にはいろいろな場面のいろいろな音が載っていました。うちの子はその音の表現をとっても楽しんでいました。いろいろな季節の物も載っていたので、一年を振り返りながら自分とかさね合わせて読めてとっても楽しかったです。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いびきは

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    「しんとしずかな、ほん」の第2段になるのでしょうか
    打って変わってこちらは賑やかが満載です
    イラストも華やかだし、本当に音が聞こえてきそうな感触が不思議です
    いびきは「イラッ」ときましたが・・・
    こおろぎに免じて許すことにいたしましょう

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやかな ほん! ってどんな本?

    タイトルの 「にぎやかな ほん!」 ってなんだろう? どんな楽しいことが待ってるのかな?  ってすごーーく興味がわきました。

    読んでみると・・・ 世の中にあふれている沢山の音に注目をした絵本でした。
    改めて沢山の音の中で生活しているんだな〜と思いました。

    この絵本の楽しいところは 「音を想像する」 だと思います。
    1ページに1場面 どんな状況なのかを説明する一文だけ という構成。
    なので、どんな音がするのか読み手次第! 
    親子で、こんな音じゃない? あんな音じゃない? って会話が弾みます。

    動物の絵も優しい、やわらかい感じで大好きです。
    子どもたちもとても気に入っていました。
    とても表情豊かで楽しかったです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音が聞こえてきそう!!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    今にも絵本から飛び出してきそうな
    触感といいますか
    肌触りを感じられそうな、そんな絵です

    視点もいろいろなんで
    臨場感があるんです

    で、とにかく表情が豊か

    場面が、「あ〜、わかる、わかる」(^^ゞ
    という感じなんです

    難しい説明とかいらなくって
    絵を見ているだけど
    クスッと笑えちゃいます

    個人的にとっても気になるのは
    カバンに入れたり
    車の後に乗っている
    イグアナのような動物は何だろう???

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやかって・・

    「にぎやか・さわがしい」と聞くと、娘は「うるさく騒々しいこと」と結びつくようです。
    なので「ありんぼのさわがしさ」
    (「ありんぼ」は「あり」のこと、娘はそれもわからなかったようです^_^;)
    という文に
    「どうしてありがさわがしいのか」と、とても疑問を持ったようです。
    日本語って豊かだなぁと思い。
    訳者の江國 香織さんの言葉選びのセンスを感じました。
    そして娘に「甘いものにありがたかって『ワッサー』ってなってるとどんな感じがする?
    なんていいながら、日本語の奥深さを堪能しました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット