しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おもいのどっち? 新装版」 みんなの声

おもいのどっち? 新装版 作:あきやま ただし
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784265830060
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イレギュラー

    この絵本は字数も少なかったので小さい子に向いていると思ったのですが、うちの子はとても楽しめていました。普通の重さ比べではなくって、ちょっと変わった感じでした。たとえば同じぶたの重さ比べでも、片方はロボットなのでそっちの方が重いとか。まだまだ面白い重さ比べが載っていて楽しかったです。

    掲載日:2013/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • だって、〇〇だもの

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    どうみても軽いはずのものが、重いの?
    どうして?って繰り返しが楽しいこの本。

    我が家でも次男に「どうして?」って聞いて
    う〜ん、〇〇だから?って答えさせながら
    ゆっくりゆっくり読んでみました。

    いやぁ、嘘!何で?という連続で読んでるほうも楽しい♪

    何冊か読むような読み聞かせの時の「息抜き」とか
    最初のつかみに使えそうですね♪

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 参加型で使えそう

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    シーソーの右と左、どちらが重い?というクイズ風の展開です。
    でも、奇想天外にに外されるのは、あきやまただしさんならでは。
    明らかに重そうな方のシーソーがあがっているのですから。
    種明かしは次のページ。
    なるほどなるほど!?
    このオチがわかるのはやはり幼稚園児以上くらいでしょうか。
    シーソーが、実は重さの比較の道具でもあることをわかってくれれば
    実に「学びの絵本」ともなりえますね。
    子どもたちに問いかける参加型で使うといいと思います。
    私の担当する幼稚園で読んだら、さぞかし盛り上がると思います。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット