もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

こどものとも絵本 まいごのまめのつる」 みんなの声

こどものとも絵本 まいごのまめのつる 作:こだま ともこ
絵:おりも きょうこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2011年04月15日
ISBN:9784834026504
評価スコア 4
評価ランキング 20,356
みんなの声 総数 3
「こどものとも絵本 まいごのまめのつる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 豆のつるで仲良し

    このお話は、料理の得意なおばあさんと畑の得意なおばあさんがお互いの得意なところをねたんで仲が悪かったのが、畑の得意なおばあさんが育てていた豆のつるが料理の得意なおばさんの家まで伸びていったのがきっかけで仲直りするというお話でした。お互い、心の中ではお互いの事をすごいと思っていたのが豆のつるの事件をきっかけに伝えることができました。仲直りの切っ掛けって大事ですね!

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良しのきっかけ

    お洒落でかわいい絵の表紙が目について、読んでみました。

    伸びすぎた豆のつるがきっかけになって、二人のおばあさんが仲良くなる、というお話です。
    子供にもわかりやすくて、楽しめるお話だったと思います。

    ページをめくっても、前のページの場所から豆のつるが伸びているように描かれていることが、面白かったです。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪くないのに、もう1つのれなかった。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    「3じのおちゃにきてください」の作者さんでした。
    絵は幼稚園くらいの子どもたちが大好きでよく読む「おかえし」を描いている“おりもきょうこ”さんでした。
    「こどものとも」のシリーズです。

    テーマも、繰り返しの多い昔話のようなストーリーの流れも面白かったのですが、個人的にはもう1つ「おっもしろ〜い」という気分にまではいきませんでした。(なぜでしょう?)

    主人公のおばさんたちの年齢が高かったせいでしょうか?

    あと、1ページ中に書かれている文章も結構な量なので、読み聞かせに使うときは、よく下読みしてからやった方がよさそうです。
    5,6才から小学校の低学年くらいのお子さんたちにどうでしょう?

    掲載日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • 地震がおきたら
    地震がおきたら
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    地震がおきたらどうするの? 消防士さんは助けてくれるの? 家族で読んでほしい一冊。


「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット