ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

わたしが母さんなら」 みんなの声

わたしが母さんなら 作:シャーロット・ゾロトウ
絵:ヒラリー・ナイト
訳:みらい なな
出版社:童話屋
本体価格:\1,350+税
発行日:1998年04月
ISBN:9784924684973
評価スコア 4.08
評価ランキング 18,000
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 子どもの気持ち 
    母親からいろんなことを言われて成長するのですが子ども心は 自由にいろんな事がしたいという気持ちが 満ちあふれています
    好奇心がいっぱいです

    ママのようなおしゃれを自分もしてみたいという欲求が あこがれでもあり自然な姿なのでしょうね

    特に女の子は ママこことがお手本でもあり 大人の姿を見て大きくなるのですからね
    この子はちょっとおしゃまさんですね
    我が子は 女の子も 保育園で みんなとどろんこしたり 縄跳びしたりいろんな 楽しいあそびをして育ったのでこの女の子のようではなかったのですが・・・・

    子どもも個性があり 同じようではありませんね。
    お父さんお母さんが 大人の見本となる 第1号なのですよね

    もっと成長したら あこがれの ポイントがママではない人に変わるのでしょう
    ラストの ママと女の子の幸せそうな笑顔が 最高ですね

    掲載日:2016/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れたふりをしているのです

    大人になってみると、子どもだった頃の気持ちなんて
    忘れてしまうものです。いや、忘れたふりをしてしまう
    ものなのです。
    この絵本の中の女の子が「わたしが母さんなら」って思う
    気持ちは、わかるわ。わかるけど、ゆずれないのよねえ、
    母さんとしては(笑)。
    自由きままにやりたいほうだいっていいなあって思ってました。
    それも、ずいぶん大人になるまで思ってました(正確には
    子どもが産まれるまでかな?)。だけど、やっぱりそんな風
    には生きられないのだよねえ。
    娘は、だまあって聴いていました。特に琴線にふれることも
    なかったみたいです。
    でもそのうちに「わたしが母さんなら」って言い出すのかな?

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことも…あんなこともOKよ!

     女の子も可愛いな〜
     こんなおしゃまな子と向き合っておしゃべりするのも楽しそう。

     「ねえ、母さん、
      もしわたしがお母さんで、わたしのような女の子がいたら…」

     って、こんなこともさせてあげるわ。あんなこともOKよ!
     次々と彼女がしたいことを、寛容な母親になって子どもに許してあげるっていうんです。
     いわば、今の彼女の願望ですね(笑)。

     どんなともだちでも だいかんげい! には ビックリ。
     毛皮のページに爆笑です。
     お月様と日の出のページでは、やはりこどもは詩人だな〜って思いました。

     母さんみたいに
     『こどものときのしつけがだいじなの。おとなになればわかります。』なんてぜったいにいわないわ。」
     には、笑いました。
     この後のお母さんの切り返しが面白かった。

     女の子のはち切れそうな元気と旺盛な好奇心が、とてもよく伝わってくるヒラリー・ナイトさんの絵でした。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子ならきっと共感します

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    メインの絵は鉛筆画のようなシンプルで割りと地味なものですが、ページの周囲が額縁のようにお花模様になっていて、とってもかわいいです。いかにも女の子っていう雰囲気。
    小さな女の子が、「私がお母さんだったらね・・・」とお母さんにお話しています。
    パーティドレスで学校に行ってもいい、お風呂は週に一度でいい、お母さんの洋服ダンスから服を出してファッションショー!
    きっと小さい女の子だったら一つは共感できるものがあるはず。
    かつて小さい女の子だった、そして今はお母さんになった私も、そうそう、そんなこと思ってたな〜と懐かしみながら楽しく読みました。
    最後のお母さんのセリフはまさにそのとおり!そうやってみんな大きくなって、そして今度は小さい娘の空想を微笑ましく思う立場になるのですよね。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な親子

    なんでも思っていることを素直におかあさんに話せる親子関係がとても羨ましいです。お母さんがいつも女の子の傍にいて話す時間を与えていてあげるからだと思います。話ができる環境をつくってあげないとお母さんに甘えることも出来ないし・・・・・・。女の子は、言いたい事を言っているから心に不満を持つことが無くなると思いました。
    おかあさんが、ず〜と女の子を膝に抱いて女の子の話を真剣に聞いてあげてるところがとてもいいです。
    おかあさんの優しさと愛情を感じます。最後の台詞がとてもよかったです。おかあさんがプッとふきだして「それはわたしのお母さんの口ぐせだったわ。わたしもそういわれながら 大きくなったのよ」さすが、お母さんだと思いました。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゾロトウさん

    ゾロトウさんの世界が大好きだったので選びました。毎週一回は家でパーティーをしていいなんて楽しいですね。上着もブーツもなしで遊んでいる主人公は本当に楽しそう。風邪をひいたらいけないという両親の思いも大切だけれどそれよりも人生を謳歌することの方が大切に思えてきました。この女の子がお母さんだったら本当に楽しくていいかもしれないなと本気で思いました。それでも女の子のお母さんが噴き出す場面が素敵です。“私もそう言われながら大きくなったのよ”とは正直だなと思いました。こういうお母さんに育てられて主人公は幸せだと思いました。幸せなゾロトウさんの世界でした。さすがです。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふふっ!

    「わたしが母さんなら・・・」こんなことをしたいな〜。
    ってことを綴ったお話しなんですが、
    どれもこれも可愛い!
    私が小さいときにも洋服ダンスを開けてみたい!
    お化粧を楽しみたい!って思ったものね☆〜(ゝ。∂)
    皆さんにも思い当たる事ですよね〜
    そして、娘もやっぱり!!
    娘が小さいときに大好きな絵本の1つで、何度も何度も読んだ記憶があります。
    自分の気持にそっくりなこの女の子の行動がうらやましくもあり、
    共感できる事がいっぱいだったのでしょうね。

    でも、それは今でも同じ気持の様で、小学校3年生になった今でも
    「この絵本読んで〜」って時々本棚から持ってきます。
    女の子の憧れはいつの時代でも一緒なんですね〜 (^◇^)

    掲載日:2007/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘の心の奥を覗きませんか

    私がお母さんならこんなことするよ!という絵本。
    モノクロ絵本ながら、娘はどことなく気になるようで、図書館で借りてすぐ自分でページを繰ったり、何度も持ってきます。
    読んでみたら、たいへん共感を覚えたようす。
    それがどこかというと、”お母さんのひきだし”を開けてひっかきまわし、お化粧したりおしゃれしてパーティするところ。
    そういえば我が家にも、子供はむやみにかき混ぜてはいけない、いわゆる貴金属の入ったひきだしがあります。なるほどねぇ。

    お母さんになれたら、娘はおしゃれと料理をしてみたいのですって。
    別に私はどちらに力を入れている覚えはないのですが。
    これを機に我が子の深層心理を知ることができるかも?!
    お母さんになってみたい女の子の心を誘う絵本です。
    『ぼくが父さんなら』と対になっています。

    掲載日:2007/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかる、わかる

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    きっと娘も、こんなことを考えているのだろなと思います。
    私だって、子どもの頃、厳しい母を鬱陶しく思いました。
    でも、大人になったら、母に感謝することばかりです。
    いつか、娘も母になったら、そう感じてくれると信じてます。
    でも、こんな風にのびのびと育った子が、どんな大人になったのかちょっと興味があります。

    掲載日:2007/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供って、ダメ!って言うことしたがります

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    「もしわたしがお母さんで、わたしのような女の子がいたら・・・・・」

    この文から、スタート。
    子供心に、やってはいけないこと。
    本当は、やりたい、やってみたいこと
    をたくさん書いています。

    月がでるのをみたいのなら
    うちへかえるのがおそくなってもいい
    ・・・

    いっぱい出てきます。
    きっと、この女の子も、怒られたりしてるんだなぁ。と想像できます。
    私も子供の時、自分がお母さんなら・・・
    ってことよく考えていたなぁ。と懐かしく思いました。
    娘の楽しい想像が、気持ちいいですよ。

    掲載日:2007/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット