ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

うぬぼれぎつねのしっぱい」 みんなの声

うぬぼれぎつねのしっぱい 作:マリア・ビクトリア・コセ
絵:テンキー・ロペス
訳:だんばら あつこ
出版社:新世研
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784880121529
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,767
みんなの声 総数 1
「うぬぼれぎつねのしっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんな意味で教訓的

    サイズがら予想したより文字数が多いです。アルゼンチンの民話らしいのですが、きつねを鳥や犬がやっつけるような内容。

    まず、きつねは、「食べないで」と言われても食べるから動物のみんなの嫌われ者。でも、エサだったらやっぱり食べるしかないですよね?ちょっとこの設定自体どうなんでしょう?

    みんなに逃げられお腹がすいたから木に登れないけど「木に登って全部食べられたくなければ雛2羽のうち1羽を落としなさい」と騙しますが、鳩が信じて1羽落とします。これも疑問なんだけど、きつねが飢え死にしそうなときに頭脳で負かしても悪くないのでは?でも1羽落とされたほうにとっては、親の愛情って、、、と思いますよね。食べられてしまったわけだし。親子の愛情だって片方選ぶくらいえこひいきってあるものです。人間でも。いろいろ考えてしまいましたね。

    そこでスズメに狐は気に登れないと教わる鳩。次からは騙されないけど、スズメに聞いたよっ、と(そんなつもりではないかもしれないけど)告げ口してしまう鳩。そのせいでスズメは狐に恨まれる。鳩は恩のあるスズメに結構ひどいことをするわけです。これも、恩を与えたからといっていいことをしてくれるとは限らないという教訓的な話ですね。

    更に、怒った狐に隙を見てくわえられるスズメ。きつねがすぐ殺さなかったからいいものの、殺されてたら鳩を恨まずにはいれません。でも、うまく狐をノセて、しゃべった隙に狐のクチから脱出!

    そんな狐が犬に遭遇し、特に恨みもない犬が狐を褒めたおしてしっぽを出した瞬間狐のしっぽをガブリとかんで引きずり出します。そして狐は死んでしまうわけです。犬が恨まれず狐が恨まれ殺され鳥に喜ばれる、、、。

    全体を通していろんな教訓が積み重なってはいますので勉強になりますが、狐だけが嫌われる不条理をなんとなく考えてしまいます。

    3歳の娘は最後まで読み聞かせを聞いてくれました。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット