あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

とむらう女」 みんなの声

とむらう女 作・絵:ロレッタ・エルスワース
訳:代田亜香子
出版社:作品社
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784861822674
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とむらい師

    イーヴィが11歳の時に、パパの姉のフローおばさんが一緒に住むようになりました。

    母が亡くなったことをまだ受け入れられないイーヴィ。フローおばさんが誰かが亡くなった時の遺体をきれいにして納棺するという仕事をしていました。

    日本で言うところの納棺師の仕事を1800年代後半にはあったようです。

    イーヴィは、おとむらい師というおばさんの職業も受け入れがたく、おばが母のやり方を変えてしまうことにも危機感を持っていたのでした。

    生活や自然の様子は、あとがきにも書かれていますが『大草原の小さな家』に通じる手作りの世界を感じます。

    家族の誰かが亡くなった時に、それを客観的な気持ちで処理してくれる人は当時も重宝がられたことでしょう。

    そうでなくても、家族の誰かが亡くなれば気持ちが沈んだり興奮したりで何も手につかないことだと思いますので。

    「天から与えられた人だけのもの」とおばさんが仕事に対して誇りを持っているように誰にでもできるというものではない仕事だと思いました。

    イーヴィの心の動きと成長と、おばさんとの関わりが静かに描かれている作品です。

    主人公は11歳ですが、YAジャンルの作品です。YAジャンルの本は意外にも大人が多いと聞きますが、大人でも十分楽しめます。

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット