もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

テントはあかちゃんじゃないよ」 みんなの声

テントはあかちゃんじゃないよ 作:リカルド・アルカンタ−ラ
絵:グスティ
訳:しまむらかよ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2002年04月
ISBN:9784591072332
評価スコア 4
評価ランキング 20,358
みんなの声 総数 2
「テントはあかちゃんじゃないよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自発的なテント

    いつまでも小さい子扱いされるテントは嫌になって強い犬になろうと一念発起。

    けれどもなんだかたのしくないぞ。

    とても子供らしくて、かわいくて、無理に背伸びしなくっても自分は自分でいいんだということを教えてくれる絵本です。

    最後に誰かに言われるわけでなく、自分でそのことに気付くってのがいいですね。

    3歳の次女にはボリュームも理解度もちょうどよく、楽しい絵本でした。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ

    テントのシリーズにはまってます。表紙の絵も可愛いし、今回のタイトルにもとても惹かれて興味津々で読みました。赤ちゃん脱出から背伸びして頑張るテントですが、いくら強くなったって、ひとりぽっちじゃさみしすぎることに気がつきます。「君はとっても強いかもしれないけど、いつもひとりぽっちじゃないか」と喧嘩のチャンピョンのムクイヌに堂々と言ったテントは立派だと思いました。やっぱり、お友達の大切さに気づいてよかったです。お友達と遊べることってやっぱりとても素晴しいことだと思いました。

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット