おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

パパのしごとはわるものです」 みんなの声

パパのしごとはわるものです 作:板橋 雅弘
絵:吉田 尚令
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784265070473
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,538
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 仕事への興味を持つきっかけに

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    NHKのテレビで読まれていて
    面白いなあと思い、
    4歳の子に読みました。

    読み終わった後、
    「ぼくもパパのお仕事行きたい」
    「パパなにしているの?」
    とパパの仕事へ関心を持ち、
    パパの仕事のことを話したり、
    私もくわしく知らないことは
    「今度パパにどんなことをしているのかきいてごらん」と促したり、
    パパが働いてくれていることへの感謝もできました。

    ついでに、
    「ママはぼくが幼稚園にいっている間、どんな仕事をしているの?」
    と主婦の私にも聞いてくれ、
    いろいろ話ができてよかったです。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父親の本心は?

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     父親って、案外小心なんです、子どもにね。
    悪役とヒーローと、仕事と考えればどちらも◎です。
    それを理解している父親ですら、
    いざ子どもの前に立てば、何か言われるだろうことを
    ビクビクと恐れるているものです。
    たとえヒーロー側でバリバリ働いていてもです。

     むしろこの絵本のいいところは
    お風呂場での何気ない、親子の裸の姿ではないでしょうか。
    くらしの中でウソなく、話し合えている雰囲気を感じます。
    秘密はあってもいいと、私は思います。

     子どもからすれば「何かいいよね」だとしても
    父親からすれば「やはりちょっとね」ですね。
    真ん中とって「フツー」ということにいたします。
    作・絵の両作者に、感謝。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパの仕事

    自営業ならわかっているんでしょうが
    お勤めしているパパが
    いったいどんな仕事をしているのかは
    子どもは案外知らないものです。

    この本のパパはプロレスラー。
    それも、悪役・・・。
    その事実を知った子供の心の動きが
    とてもリアルです。
    子ども目線で描かれているので
    想像することしかできませんが
    ずっと自分の仕事を子供には隠していたと思われるパパの、
    子どもが真実を知った時の気持ちは、どんなだったでしょう。
    「とうとうきたか・・・」という感じだったのでしょうか。

    「わかんないけど、わかることにする」
    「いたかったけど、いたくないことにする」
    という親子の会話が
    描かれている夕日の紅さとあいまって
    胸に迫りました。

    娘は、この本をすでに読んだことがあるらしく
    「いいほんだよー」とつぶやいていました。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったです。

    悪役プロレスラーの親を持つ子供は私のまわりには過去にも現在にもいませんが,何だか主人公のぼくに感情移入してしまいました。
    親の職業は子供に選ぶとこはできないけれど,それでも大好きなパパの職業をわかってあげたい!というぼくの気持ちにキュンとしました。
    わるもののパパでも格好良くて素敵だよ,と主人公に言ってあげたい〜。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパのお仕事は。

    大きくなったら正義のヒーローになりたい!男の子なら誰しも思ったことがあるはず。悪者になりたいって子はなかなかいませんよね。悪を退治するヒーローに憧れる少年が知った父親の職業。それは。。。
    これは、実際にこの年代の子供だったら、やはり父親が悪役ってショックですよね。
    でも、それを子供なりに理解しようとしているし、最後の最後に父親を応援する一言がじんわりしました。

    掲載日:2015/07/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぼくのお父さんは、職場でなんと、マスクをかぶってゴキブリマスクとして悪いことをしています。

    でもそれは、悪いことをする悪党になって、正義の味方のドラゴンに倒されて、みんなをすっきりさせるため。

    みんなを爽快にするために、悪役になることをいとわないお父さんに、初めは悪役がいやだったぼくも、感動します。

    そして、将来の夢が、悪者、になるのです。

    男の子らしい作品ですが、とても心があたたまり、親子で思いやる気持ちが伝わります。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 正義の味方

    パパの仕事はなんだろう?

    正義の味方になりたいぼくはパパについていき、職場にいく。そこでは、悪者のゴキブリマスクと、正義の味方ドラゴンが戦っている。ずるをするゴキブリマスクに「悪いことばかりしているとりっぱな大人になれないんだぞ!」とパパに言われていることを怒鳴ります。すると、驚いた顔のゴキブリマスク、、、それはお父さんと同じ目をしていることに気づきます。

    ゴキブリマスクが負けるとくやしくてなく、ぼく。お父さんは、みんなを楽しませるために頑張ってわるものをしてるんだぞ、という言葉で、日記にはぼくも悪者になりたいとかいているぼく。

    お父さんはかっこいい仕事であってほしい。そう願う子供の気持ちや、同じ仕事になりたがる子供の気持ちがよく伝わります。切なくてあたたかい素敵な絵本でした。

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本が嫌いな男の子にも

    • ピッピさん
    • 20代
    • その他の方
    • 北海道

    1年生〜6年生のクラスで読み聞かせました。
    読み終わった後、普段は「本なんて…」と言っている男の子が
    ニヤリと笑いながら「これ、いいじゃん」と言って借りていきました。

    マスクをしていないときのパパ、なんともやさしい表情をしています。
    大きな体で、肩車してくれたり、頼もしいパパなのが想像できます。
    だからこそ、マスクをつけて、悪いことをしているパパへの戸惑いや
    罵声を浴びせられる姿を見た「ぼく」の悔しさが、伝わってきます。
    テキストも良いですが、絵の力が大きい絵本だなと感じました。

    まだヒーロー物が好きな低学年には、ぴんとこなかった子もいたようですが、4年生以上には大好評でした

    掲載日:2014/12/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 悪役という仕事

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    学校の宿題で、パパの仕事を調べることになったぼく。
    こっそりパパの後をつけて、目にしたパパの仕事は、悪役レスラー!
    ゴキブリマスク???
    複雑な心境のぼくですが、そんなぼくに、パパは熱く語ります。
    悪者の哲学、でしょうか。
    いろいろ考えさせられますね。
    父子ならではの男同士の心の交流が、ジーンときます。
    プロレスの好みもあると思うので、一緒に盛り上がれる親子で楽しむのがよいと思います。

    掲載日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵なパパ!

    パパの仕事を調べる、という宿題をするために
    通勤するパパの後をこっそりついて行く男の子。

    着いた場所は…。

    正義のヒーローになりたい男の子のパパは、なんとわるもの!
    これって多分、なかなかショックですよね。

    でも男の子は、やっぱりパパが大好きで…
    帰り道でのふたりのやりとりに、思わずウルッ。

    そして、最後のページでグッときてしまいました。
    パパが言ったこと、分かったのかな?

    どんな仕事でも、家族のために頑張っているパパは素敵ですね。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    1

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット