モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

いぬのハンニバル」 みんなの声

いぬのハンニバル 作:ピエール・コラン
絵:マリー・ジョゼ・サクレ
訳:木本 栄
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年10月
ISBN:9784893172884
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「いぬのハンニバル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • キャラが活かされていないのが残念

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ベルギーの2002年の作品。
    表紙を開くと、魅力的なキャラの動物が沢山いたので読んでみました。
    残念ながら、そこにいたキャラは、このシリーズの主人公のようで登場せず。
    調べたら、
    「がちょうのエレノア」
    「かめのルドミラ」
    「うさぎのテオ」
    「ねこのティンカ」
    「ねずみのマーリック」
    と、それぞれがメインキャラでした。

    このお話は、主人公のいぬのハンニバルが、芸達者で、何でも出来るというシーンで始まります。
    そして、そのご褒美に大きな骨を貰います。
    ハンニバルが庭に埋めているのを塀の上から見ているのが、3匹のネコ。
    次の日、ハンニバルが骨をかじろうと庭を掘っても見つかりません。
    案の定、3匹のネコが取ったことが判明するのです。
    最後は、取り返すのですが、割と淡々と終わってしまうので、やはり肩透かしの感が否めませんでした。

    キャラは魅力的なのですから、もう少し丁寧なストーリー展開をして欲しいところ。
    折角のキャラが活かされていないのが、残念です。

    掲載日:2012/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいよ!

    なんでも出来る犬のハンニバルがとてもかっこいいと思いました。おてだまだっておちゃのこさいさい!バレーだってくるっとまわってちょん、ちょん、ちょん!ワッカでサーカスみたいにぴょーんとひとっとび!大きな骨もぽいぽいぽい!いろんなことが出来るハンニバルには憧れてしまいます。なんでも得意なことがあるっていつも努力しているだろうなあって思いました。ご褒美に頂いた大きな骨を隠したねこ3匹もきっとハンニバルに憧れていてちょっと意地悪してやろうと思って骨を隠したのだと思いました。ねこたちもハンニバルに拍手喝采で、やっぱりかっこいいと思っているに違いありません!絵も可愛くて色彩も鮮やかで魅入ってしまいました!

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット