おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ハのハの小天狗」 みんなの声

ハのハの小天狗 作・絵:飯野 和好
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1991年06月
ISBN:9784593564040
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,966
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 夢だったのか・・・

    学校の帰り道に突然始まる、時代劇の世界。
    「ありえないでしょー!」と、ツッコミどころ満載なんですよね。
    そして、またまた突然の終了。
    あまりにもあっけない幕引きに、あぜんとしました。
    立ち回りの場面は、けっこう盛り上がってた感じです。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代劇調の空想

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    下校途中の男の子が急にハのハの小天狗に変身して忍者と戦います。
    その、天狗の変装も一風変わった感じで???と思いますが
    こういう作品は、子供たちは意外と素直に受け入れるものです。

    次男の普段の姿を見ていて思うに
    急に空想の世界に入り込んで「とーーっ」などと遊んでいることがあります。
    きっとこの少年も、誰か的が来たら守ってやろうという気持ちで
    女の子と帰宅したのかなーと考えました。

    飯野さんといえば「ネギ坊主のあさたろう」シリーズが有名ですが
    こちらのほうがシンプルで私は好きです。

    掲載日:2012/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • みすず姫

    まだ家にテレビがなかった頃、近所の家にテレビをみせてもらっていました。その頃には時代劇が多かったように思いました。隣のみすずちゃんと一緒の学校の帰り道に、のどかな春のトロトロと暖かいいい気分に何か事件が起こったらみすずちゃんを守ろうと心の中で思っている主人公の優しさを感じました。さすが、男の子だと思いました。きっと、みすずちゃんも強い女の子だと思うので主人公の憧れを想像したのだと思うと微笑んでしまいました。何気ない思いが後々にあの頃はよかったなあって思う時がくると思います。ころころと太っている忍者にとても親近感がもてました。迫力があり、動きも機敏な絵がかっこよかったです。主人公のように自分の世界に入って物語りを想像している私に笑えました。絵本は、やっぱり楽しいです!

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶妙なアングル

    • モトバイさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    何気に手にとり、息子に見せると
    「読む!ギャハハ」の一言で決定しました。

    突拍子もないお話の展開は、
    主人公の男の子の妄想?
    子どもの頃っていろいろなことを想像しますもんね。

    かぼちゃのような敵があらわれ、
    一つ一つのページの構図が最高に面白いです。

    …今まで気づかなかったのですが、
    この本をみて飯野さんがイラストレーターであることに
    遅まきながら気づいた私です。

    掲載日:2008/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「もう1回」

    息子に読んだら「『テレビ絵本』で見たことがある」と言われました。
    「誰の本だかわかる?」と息子に聞くと「『ねぎぼうずあさたろうその1』だ」と絵本の名前を答えました。特徴のある絵、時代劇ということですぐにわかったようです。

    時代劇なので、読む方も何だか力が入るのを感じました。大人が読むと、下校時に何の前触れもなく、時代劇設定になるのはどうして?と思うところもあるのですが、子どもは深く考えずに、すぐにモードチェンジできるところがさすがです。

    一度読んだらすっかりはまったようで、すぐに「もう1回」とせがまれました。

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忍者登場!

    「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズなどでお馴染みの
    飯野さんの作品。他の作品に比べると、とても読みやすいな〜って思ったのが
    第1印象。

    のど感雰囲気漂う下校途中に急に現れた忍者一団をきっかけに
    次々と時代劇に引き込まれてしまうのですが、
    その急転化にビックリしながらも、ノリのいいテンポですすむ
    おはなしがとてもおもしろい!
    まるで、保育園での子どもたちのヒーローごっこを見てるようだ!!

    私が1ばん好きなのはやっぱり、ラストのシーンかな?
    男の子の「一仕事終えたぜ!」って言う雰囲気が好き(u_u*)ホ゜ッ
    でも、本当は・・・何ですけどね!
    最近ドラゴンボールにはまってる息子にはかなり衝撃的な忍者の登場だったようで
    何度も読んでは登場シーンを再現?したり。
    我が家ではしばらくブームになりそうです!

    掲載日:2007/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • うまく読みたい!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    初めて出合った飯野さんの作品。忍者がでてきて、小天狗がでてきて、でも、昔話とはちとちがう、良い意味でしぶい絵本だと思いました。
    読み聞かせる場合は、事前に読んでおくことをおすすめします。忍者や小天狗の台詞の言い回しを練習しておくと、子供たちもきっと大喜びしてみてくれると思うからです。
    忍者などになじみのうすい私でしたが、この本によって、なんだかおもしろそうだな、と興味をもってしまいました。

    掲載日:2007/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでやねん!のオンパレード

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    古本屋さんで見つけペラペラと読んでみて
    「この話・・・微妙だな。」
    と思いつつも、あさたろう好きな長女の顔がよぎり、
    「まあ、安いし古本の割にはきれいだからいいか。」
    と、購入しました。

    この本が娘にどう受け取られるか不安な気持ちで読んでみました。
    なぜ不安かというと、大人が読むと分からないことだらけなんです。

    下校途中の男女がなぜハのハの小天狗とみすず姫になるのか。
    敵の忍者はどうしてどんぐりみたいな体型なのか。
    変身後の姿は、なぜにかなり男前なのか。(もとは冴えないんだけどね・・・)
    けむり玉を投げたらなぜ元に戻ったのか。

    表紙をひらいたところになぞのローマ字のようなものがあり、そこに私が知りたい答えがあるように思うのですが、解読不可能です。

    このおはなしって、プリキュアのように、敵があらわれたらなぜか変身して戦いが終わったら元にもどる時代劇バージョンなのか?と最終的には理解したのですが、誰か教えてください。

    子供は
    「あさたろうのほうがいいな。」
    と、ズバッとひとこと。
    「でも、面白いね。」
    よく分かりませんが、なんとなく気に入った様子です。
    こういう本に出会ったとき、子供の感性を強く感じますね。

    掲載日:2007/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミックな時代活劇風。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子6歳

    とにかく絵に迫力があります。そして題名も、一度聞いたら忘れられないようなネーミングで、心惹かれるものがあります。
    しかし、読み終わった後に、今のは一体なんだったのだろうか、と親子でボーっとしてしまいました。
    多分、チャンバラ好きには、堪らないと思います。
    そして、主役の二人が、なぜか突然美男美女風に変身したり、最後にまた子供風に戻ったりして、とても漫画チックなようであり、昔懐かしい時代活劇風でもあり、独特な感性で描かれた絵本です。
    多分、はまる人は、きっとすごくはまってしまうのだろうと思います。
    読んでいて、大人の私は、無声映画時代のチャンバラシーンに使われていた音楽が、頭の中にずっと流れていました。

    掲載日:2006/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飯野版痛快時代劇の原点!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズ、「くろずみ小太郎」シリーズへと続く、飯野和好の不思議な時代劇絵本の記念すべき第1作目です。
    平和な下校の途中で、なぜ急にクセモノが出てくるのか? なぜ急に「ぼく」は「ハのハの小天狗」になったのか? なぜ急にチャンバラが始まるのか?と、ハテナ印がいっぱいの展開になっているのですが、時代劇のワクワクさは充分に楽しめます。
    絵も「あさたろう」「くろずみ小太郎」等と比べると、ずっとキレイで、手に取り易いものになっています。
    忍者のかしらなど堂々としていて見ごたえがありますよ。

    掲載日:2006/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット