もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

アメリカのマドレーヌ」 みんなの声

アメリカのマドレーヌ 作:ルドウィッヒ・ベーメルマンス ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ
絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784776400813
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,981
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • マドレーヌが大富豪の孫娘ということが判明する今回のお話。
    夢物語のような舞台設定で,その上アメリカテキサスの雰囲気もとても魅力的です!!
    ただ,個人的にはマドレーヌの素姓は知らないままの方がよかったかも!?という気持ちがどこかにあるのですが。。。(笑)。
    そんなこともあり何となく幼稚園児の娘には内緒にしておきたい気が。
    我が家の娘はマドレーヌや寄宿舎のみんなに同じ女の子として感情移入しながら読んできたシリーズなので,今回のマドレーヌの素姓はどうかな〜と。
    マドレーヌ以外のお話も入っている長い絵本で,子供にというより自分がほしい絵本でもありました。

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • カウボーイスタイルの可愛らしいこと

     そうそう、マドレーヌはアメリカ生まれの女の子でしたっけ。
     ある日パリのマドレーヌのいる寄宿舎に、アメリカのテキサス州に住むひいおじいさんが亡くなったとの海外電報が届き、遺言書の公開のため、マドレーヌはテキサスに呼ばれます。
     ミス・クラベルとマドレーヌたちは、テキサスへ飛行機で飛び立ちます。マドレーヌシリーズでは、初の海を渡るお話ですね。

     マドレーヌのひいおじいさんの富豪ぶりに驚きました。
     牧場・油田・金鉱山・世界で一番立派なお店etc
     大人の読者も勘違いしてしまいそうな莫大な財産を前に、有頂天なマドレーヌを見事に制するのは、やはりミス・クラベル。素晴らしい!
     そんな中、マドレーヌが行方不明に、・・・。
     ひいおじいさんの遺言書には、なんと書いてあったのかは読んでのお楽しみということで、・・・。
     
     テキサスに着いてから、マドレーヌたちが着替えたテンガロンハットにウエスタンブーツというカウボーイスタイルの可愛らしいこと。
     マドレーヌの正式な氏名は、マドレーヌ・フォッグ嬢だということもこの作品で明らかになります。

     ルドウィッヒ・ベーメルマンスが、1950年代に旅をしたテキサスを舞台にスケッチをし物語を書いていた遺作に、お孫さんのジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ(生前のルドヴィッヒには会った事がないそうです)が、実際にテキサスを旅しスケッチを足し完成させた作品だそうです。 
     
     他に「はくしゃくとくつしょくにん」・「サンシャイン」・「ベーメルマンス家のクリスマスの思い出(バーバラ・ベーメルマンス著)」も同時掲載されています。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特別版

    「マドレーヌ」シリーズの中でも、特別な作品ですね。
    実在の都市・建物が多く登場することは、従来と同じでしょう。
    聞いたことのある場所も多く、楽しめました。
    クリスマスシーズンに読めば、気分も盛り上がりそうですね。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • テキサスレンジャー!?

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    「アメリカのマドレーヌ」
    「はくしゃくとくつしょくにん」
    「サンシャイン」
    と3つもお話があるので、
    一気に読み上げるのはちょっと大変でしたが、
    息子の一番のお気に入りはやっぱりマドレーヌ。

    特に、「パリのつたのからまるふるいやしきに、
    12人のおんなのこたちが、
    2れつになってくらしていました」は、
    夜ベッドに入った後も、しつこいくらい一人暗証していました。

    それはありえないだろう?!というような急展開と、
    ザツなようでいてとっても引き付けられる絵が
    いつもながらの魅力です。
    今回はテキサスが舞台なので、馬がでてきたり、
    みんながカウボーイハットを着用していたり、
    随所随所でテキサスらしさが描かれているのですが、
    5歳の息子にはあまり分からないのが残念!
    でも地球儀でテキサスがどこにあるかは
    ちゃんと確認しましたよ。

    最近しきりとテキサスレンジャー!と言っているなあと思ったら
    なんとこの絵本が出どころと分かり、
    私は一人大爆笑でした。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大金持ちになったマドレーヌ

    裏表紙がサンタさんなので、今のシーズンにピッタリ・・
    と思ったのですが、かなりがっかりでした。
    (マドレーヌちゃんシリーズに期待しすぎていたからかも!?)
    おじいさんの莫大な遺産で大金持ちになるマドレーヌちゃん。
    広大な牧場に油田にデパート!!
    欲しいものは何だって買えちゃう!なんて、
    なんか夢があるんだかないんだか。
    おもちゃにドレスを選びたい放題のところで
    娘は「いいなぁ」と「よかったね」を言ったけど、
    他の感想はありませんでした。

    掲載日:2010/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お得な一冊です。

    絵本ナビのありがたい再入荷メールにて、長年重版未定だった「ジプシー」「いたずらっこ」共に最近やっと購入できた者です。
    なので、ベストレビューの方のご感想に思いっきり賛同している私です!
    そんな大好きなマドレーヌシリーズの中でもカラーが多く、いくつか違うお話の入ったこの本はお得ですね。ベーメルマンスの孫が描いたものとは言え、やはりこれは血なのだろうか、建物や色々な国の背景等、とても美しかったです。
    ただ、訳に関して言えば、やはり瀬田貞二さんの方が一枚上手だと思います。

    掲載日:2009/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私はどちらかというと・・・

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、男の子5歳

    すっかりマドレーヌにはまった私。
    子供は今一興味を示さないのに、しっかり読みふけってしまいました。

    でも、私はどちらかというと、マドレーヌではなく、ミス・クラベルの視点だなぁ〜と思いました。

    遺産をもらったマドレーヌとそのお友達の11人の行動を見て、「甘やかしすぎ〜」と、本気で思いました。

    他のシリーズと同じく、とても楽しく読みました。

    掲載日:2006/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにマドレーヌの世界!

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    絵本ナビをチェックして愕然!
    ルドウィッヒさんのお孫さんの、ジョンさんの作品だったとは!!
    慌てて、ジョンさんの「はじめに」のページをじっくり読んで、
    更に衝撃を受けております(ちゃんと読んでなかった、、、)。

    長女は当然そんな事おかまいなしで、相変わらず
    マドレーヌの世界に、ゲラゲラ笑ってます。

    毎回ハマるのが「私はクロケットですが、サムと
    呼んでください」のページ。
    「なんでサムなのぉ〜〜〜!?」と大笑いです。

    デパートで、マドレーヌが行方不明になるところは、
    ハラハラドキドキです。

    今回は、マドレーヌの秘密が、あきらかになります。
    マドレーヌは、超!お金持ちだったんですね〜。
    金の鉱山、油田やデパート、広大な牧場、、、
    すべて、マドレーヌが相続する?というお話です。

    絵本がかなり分厚いので、長いお話?と思いがちですが、
    アメリカノマドレーヌのお話は半分なので、ご安心下さい。
    後半は、はくしゃくとくつしょくにん、のお話と、
    サンシャイン、のお話。
    ルドウィッヒ作者の息子さん、バーバラさんの、
    クリスマスのエピソードなどが紹介されてます。

    掲載日:2006/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • マドレーヌちゃん大好き

    マドレーヌ好きの私と3歳の娘。この本は娘のリクエストによって読みました。でもこの本110ページもあるんです。ちょっとしり込みしましたが読みました。マドレーヌちゃんは実は大金持ちの孫娘だったのですね。知りませんでした!夢のようなお金持ちライフをひと時満喫したマドレーヌちゃん。読んでいる私達もお金持ちになった気分です。でも娘には少し難しかったようです。

    掲載日:2006/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の宝物

    お馴染みのマドレーヌちゃんですが、半世紀の時をへてこの手にできたこと。とても素敵なことだと思います。
    ひいおじいさんが亡くなり遺言状をよむために、テキサスにむかうお話です。
    憧れる設定にわくわくします。その他、「はくしゃくとくつしょくにん」「べ−メルマンス家のクリスマスの思い出」「サンシャイン」ともりだくさんです。
    また、べ−メルマンスの作品集としてもとても楽しめますし、インテリアとして飾ってもおしゃれだとおもいます。

    掲載日:2006/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / あっちゃんあがつく たべものあいうえお / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット