モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

万里の長城」 みんなの声

万里の長城 作:加古 里子
絵:加古 里子 常 嘉煌
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2011年06月08日
ISBN:9784834026528
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,883
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 中国の歴史

    私は、中国の歴史について詳しくなかったのですが、この本一冊でかなり勉強できたと思いました。
    それくらい、丁寧に説明してくれているのです。
    「万里の長城」というテーマから、戦争・政治・文化にまで広がっていくのですから、スケールが大きい作品だと思います。
    地図や絵がふんだんに取り入れられているので、理解しやすかったです。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 歴史学びます

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    作者の日中文化を愛する心がこの絵本を咲く際されたのですね
    絵本というよりは、歴史書です
    中国だけではなく、周りの諸国をも含め、地球誕生のころからこの物語は始まります

    三国志やチンギスハーンなど馴染みのある人物や歴史以外に、なんと多くの歴史が積み重なってできてきたのか・・・・

    約8000qを歩き切った方々がいることにも驚きです

    もう少し時間をかけてもう一度読みたい絵本です

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 万里の長城から歴史を語る

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    科学絵本などでも有名な加古里子(かこさとし)さん。
    その的確な語り口がとても印象的ですが、
    今回はそのフィールドが東洋史に向きます。
    絵本という形態ですが、歴史書に近いと思います。
    万里の長城から歴史を語る、という印象を受けました。
    世界史(中国史)をある程度知っていないと難しいですが、
    万里の長城が切り口、というのが新鮮でした。
    何より、万里の長城の存在自体が、今なお中国の人々の精神の支柱、という表記に
    感銘を受けました。
    仏教壁画に造詣が深い画家による絵も、迫力満点です。
    まさしく、世界遺産と思い知らされました。

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一度手にとって欲しい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    加古里子さんと言えば、「からすのパンやさん」「だるまちゃんとてんぐちゃん」「はははのはなし」等のベストセラーでつとに知られています。
    加古さんは、何と御年85歳。
    緑内障の手術を繰り返し、見える右目だけで描かれています。
    視野が狭く、腰痛も抱えているのに、加古さんの旺盛な知的好奇心は衰えを知らないのです。
    その加古さんの構想30年、製作5年の作品ですから、外れのはずがありません。

    物語は、読み手も「長城探検隊」の一人となって、万里の長城を探索しましょうという言葉で始まります。
    万里の長城のみを描いていると思いきや、さにあらず。
    地球の生誕から描いているのです。
    万里の長城とは何か?
    どうして2000年も前に構築する必要があったのか?
    遊牧民族と農耕民族の関係と長城との関わりは?
    等、今に至るまでの歴史が分かりやすく紐解かれています。

    他の民族との共存とは?地域紛争の解決策とは?
    と言ったことまで踏み込んでいて、読み手に深く考えさせる作品でもあると思います。

    小学校高学年からとありますが、大人まで充分に堪能できるもので、一種の辞典として活用できる水準の高さです。
    しかも定価が1700円+税というのは、この内容からしたら安過ぎです。
    一家に一冊あっても良いと思えるお勧めの作品。
    「せいめいの歴史」に匹敵するのではないかと思える出来栄えだと思います。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 壮大なテーマ

    大好きな加古先生の新作ということで
    とても楽しみにしていました。
    万里の長城、のテーマにスッと行くのではなく
    ちょっとずつ文化や生活、人を紹介しながら
    徐々に近づいていきます。
    読み応えありますし大人が読んでも勉強になります。

    でも残念なのは、かこ先生の絵が少ないこと。
    地下鉄のできるまで、地球、人間、海、、、などを
    想像していたのですが、
    社会の教科書みたいな感じです。
    加古先生の絵が見たかったので、少し残念です。

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    1

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット