ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

てのりゾウのパズー お手をしてごらんよ」 みんなの声

てのりゾウのパズー お手をしてごらんよ 作・絵:小泉吉宏
出版社:幻冬舎
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年01月
ISBN:9784344002920
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「てのりゾウのパズー お手をしてごらんよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなゾウが欲しいゾー。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    一言でいうと、とっても可愛い絵本でした。
    手のひらサイズの小さなゾウ・名前はパズー。猫や犬と同じように、最初来たばかりの時は、トイレの始末とか、お風呂とか、餌の世話とか、主人公の「ぼく」はとっても大変でした。
    ぼくも、パズーも少し慣れてくると、ぼくは、パズーに芸を教えたくなります。
    犬みたいに「お手」とか「お座り」とか、やってみるけど、パズーはちっとも出来ないんです。
    いろいろやってみて、結局パズーができるようになったのは、「お鼻」(お手みたいに鼻を手の上にのせる)と、お気に入りの鉛筆をとってくる遊びと、「パオー」(「パオーって、いってみて」というと「パオー」という)3つの芸でした。
    でも、そんな芸なんてしなくて、その存在自体がかわいいやつだなぁと、私も子どもも思いました。
    ホントにこんな手乗りゾウがいたら、うちの子供達は絶対欲しがると思います。

    掲載日:2004/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット