たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ひ ぼうぼう」 みんなの声

ひ ぼうぼう 作:新井 洋行
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2011年06月14日
ISBN:9784494003433
評価スコア 4.04
評価ランキング 18,155
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 火の特徴をシンプルに描いた絵本

    火の特徴をシンプルに表す絵本。
    火がだんだん大きくなり、消えるさまを描いている。
    本の地の色が黒(火を目立たせるため)、火の赤、文字の白、という3色しか使われていない。
    縦に見開きとなり余白もうまく使われ、火が小さいときから大きくなるときの迫力がある。
    「ぽっ!」とか「ほわわー」とか、火の表現もかわいい。
    伝えたいものがはっきり伝わってくるので、私個人的には結構好み。

    息子もまあまあ好きなようだが、まだ「火」というものがわかっていないようだ。
    そうなると、やはり大好きな乗り物よりは食いつきが欠ける。
    それが残念。
    これで、「火」をわかってくれたらいいなあ。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議なキャラクター

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    今、注目している新井 洋行さんの作品なので読んでみました。
    新井さんの作品では「あけて・あけて絵本 れいぞうこ」「あけて・あけて絵本 おしいれ」が、とても気に入っています。

    18.6cm×18.6cmの変形の絵本ですが、横でなく縦に開くというのが新しい感じです。
    背景は黒。
    火には顔があって、赤。
    そして、文字が白抜きという三色刷り。
    物語もシンプルで、それこそ小さな火が、だんだん大きくなって、「ごごごごー!」となる時は、燃え盛る火になります。
    そして、最後は、元の火種になるというもの。

    何と言っても、その火の表情が最高に良いです。
    火を意識しないと、単なる不思議な生き物と言う感じなので、単純にキャラクターとして楽しめる作品です。

    やはり火遊びを連想させるなら避けたいのですが、対象年齢は、それ以前の0歳〜1歳というところかと思いますので、それ程の心配は不要でしょう。
    その不思議なキャラに、赤ちゃんも夢中になること必至だと思います。
    ファーストブックにオススメです。

    掲載日:2011/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 色々な火

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    カタログギフトでもらった絵本の中の一冊にこの絵本がありました。

    0歳の時に読んだ時は全然反応がなく、ずっと絵本棚の中に入ったままだったのですが、2歳前後から読んで欲しいと持ってくるように。
    火の色々な表現が子供には面白い様で、楽しんで聞いています。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声を出して笑います

    「いろいろばあ」がお気に入りの1歳2カ月の息子。
    同じ作者の本ということで、図書館でみつけて読み聞かせてみました。

    2ページ目の ぽっ
    のところでいきなり大笑いです。

    はじめ絵本で笑ってくれたことはなかったのでかなり驚きました。
    その後も何度読んでも笑ってくれます。

    火がなんなのかはさすがにわからないと思いますが
    テンポよい言葉に子どもが反応してくれるのでとても良い絵本だと思います。

    掲載日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のインパクトのある「ひ」、可愛い顔の描かれた「ひ」に惹かれました。真っ黒な絵本に、真っ赤な赤い火、真っ白な文字に、少しずつ大きくなっていく火に、興味を持ってガスコンロに手がいかなければいいけどなあって心配している私がいました。2歳5ヶ月の孫は最近ガスコンロをかまいたがる傾向にあるので、気をつけたいと思いました。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひシリーズで読んでほしい。

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    「みず ちゃぽん」「つち どすん」「かぜ びゅんびゅん」を読んでからこちらを読みました。
    危ないのでまだ近づけないようにしている「火」。コンロの火を遠目にしかみたことの無い2歳の次男に読みました。どこまで伝わったかは分かりませんが、つかみどころの無い 不思議な物体とでもおもってくれてればいいなと思いました。
    シリーズ揃っておススメです。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな火

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    「みず ちゃぽん」と一緒に借りて読みました。
    表紙の火達を見ているだけで楽しめます。
    日常の中で、火は2歳の息子には危ないからと遠ざけていましたがこの本に登場する火は可愛く面白いです。
    「みず ちゃぽん」とセットで読んでと持ってきます。
    不思議な魅力のある1冊です。

    掲載日:2013/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい火

    もうすぐ4歳の子どもには物足りないかなと思ったのですが、子どもが表紙に惹かれたようで、読みたがったので読みました。
    火は強い、怖い、激しいというイメージですが、この絵本の火は、それとはかけ離れた感じがします。とてもかわいらしいにこやかな火です。
    火を知るという意味の科学の本という感じではありません。
    小さい子どもが言葉遊び、色、形を楽しむ感じで読むと楽しいと思います。
    黒と赤だけで描かれた火はシンプルでわかりやすく、かわいらしいです。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳でも!

    赤ちゃんも読めるようなすごく単純明快ですが、日頃火の燃えるさまについて、「ぼうぼう」とか「ぽっ」とか、表現する機会がありません。
    なぜでしょう。世の中は、とてもソフトで草食な表現にあふれていて、このようなはっきりした表現が子どもに接する際にもできなくなってきているような気がします。
    そんな失いつつある想像力をこの絵本の魅力で取り戻せるような気がします。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 多様な火

    下の子と一緒に、上の子も見ていました。

    小さな火・大きな火・・・様々な火が見られました。
    火はずいぶんとかわいらしく描かれていて、恐怖感を感じることはないでしょう。
    その点で「危険なものと、教えなくてもいいのだろうか」という疑問もありましたが、やはり、火は欠かせないもの。
    過剰に危険性ばかりを教えて、子供自身が火から離れてしまうことは避けたいので、この内容くらいがいいのでしょう。
    IHの普及で、火を扱えない子供がいるそうなので・・・

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.04)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット