ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

馬ぬすびと」 みんなの声

馬ぬすびと 作:平塚武二
絵:太田 大八
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年09月
ISBN:9784834001358
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 骨太の男の生き方

    鎌倉時代、鎌倉の由比ガ浜で打ち首になった馬盗人があった。
    古文書に記された物語として描かれた創作昔話。
    その当時、貧困の暮らしの中で野馬の自由奔放さに魅せられた男が、岩手県の岩手山のふもとで馬追いに逃げ場を失った馬を逃がすところから、馬盗人としてとらえられるまでの波乱を描いています。
    男の名は九郎次、男が魅せられた馬に名づけた名は九郎。
    表紙の題字から骨太な物語になっています。
    馬のために、権力に立ち向かおうとした男は、同じ馬盗人の義賊の箱根丸と知り合い、同じく悪党の馬盗人の福島の太郎の起こした騒乱に巻き込まれ、時代の中で翻弄されていきます。
    箱根丸の妹のふきとともに権力に立ち向かった九郎次、時代劇の中にいろいろなドラマが描かれ、読後もとても重厚な思いを感じられました。
    たまには、こんなハードタイプのお話もよいかも。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット