ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

幸福の王子」 みんなの声

幸福の王子 作:オスカー・ワイルド
絵:建石修志
訳:曽野綾子
出版社:バジリコ
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784862380364
評価スコア 4
評価ランキング 19,432
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やさしい王子とツバメ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    有名なお話ですが、あらすじだけ知っていただけで今回初めて読みました。
    ツバメが葦に恋をしていたとか細かい部分は本を読んで知りました。
    訳者の曽根さんがとても思い入れをもって訳をされているようで良かったです。一文を原文とは意図的に変えたとありますが、違和感や嫌な感じはしませんでした。これも作品への思いがあるからですね。
    やさしい王子とツバメのお話ですがやはり心にくるものがあります。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気品のある物語

    金箔で覆われた「幸福の王子」の像と旅立った仲間から一羽残ったツバメの話です。
    絵本の純文学というか、王子とツバメの物語がきらめく断片を重ねていくように描かれます。
    川にそよぐ葦に魅せられたツバメ。
    ただの草のしぐさに恋い焦がれるツバメと、葦にしてみればありのままの姿が美しい乙女のように語られるところは詩情たっぷり。
    これだけの連想を見事に表現している曽野綾子さんの力の入り方には感嘆するばかりです。
    恋は盲目を演じたツバメが、我に返って明るい土地に旅立とうとしたときに知り合った「幸福の王子」。
    王子の涙も、王子がかわいそうな人々に自分の飾りから始まり目玉や金箔を渡していくところと、ツバメとのやりとりには不思議な魅力を感じました。
    ツバメは王子とのやり取りの中で、自分の命を代償に王子の代わりに人々の悲しみに救いを与えていきます。
    ツバメにとっては、人を救うというよりも王子に対する献身に喜びを感じたのだと思いました。
    王子は、人の悲しみを知ることができたことが本当の幸せだと語ります。
    哀しみを知らない「幸せ」は「本当のもの」でない。(何の絵本だったか「本当のもの」という言葉を思い出しました)
    飾りを失い、金箔を失った「幸福の王子」は、人々にとってみすぼらしく価値のないものとなっていくのですが、人々にどう見られても、これほどの崇高な幸せはないでしょう。
    最後の部分を原作と変えたという曽野さんの訳。
    曽野さんの思いが込められたお話。
    建石修志さんの気品ある挿絵とともに、格調高い絵本になっています。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 王子の幸福

    みなから「幸福」だと言われていた王子の像。
    黄金に輝き、宝石がちりばめられて、目を奪われるようです。
    文章の表現も素晴らしいのですが、やはり絵から伝わる美しさがありましたね。
    でも、そのエメラルドの目からは涙が・・・
    貧しい人々を思っての涙だったのです。

    そして、つばめの働きがあります。

    この二人は、なんて素晴らしい出会いだったのでしょう。
    まさに身を削っての人助けだったと思います。

    死を迎えるときのつばめの言葉も印象に残りました。
    「死とは、眠りの兄弟」

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット