だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぶるどっぐとぼく」 みんなの声

ぶるどっぐとぼく 作・絵:梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2004年07月
評価スコア 3.63
評価ランキング 31,230
みんなの声 総数 7
「ぶるどっぐとぼく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おまじないの 効果があったね

    犬が怖いぼく  お父さんにおまじないを教えてもらった
    「いぬ い ね うし とら」  親指でいぬ それから いのしし
    ねずみ うし とらと指を折って グーをつくる

    このおまじないのおかげで ぼくは 犬とであっても 大丈夫 犬も知らん顔で通りすぎた  ああ、よかった(犬の怖い子の気持ちが 伝わります)
    庭師のお父さん 年の功ですね

    ところが 帰りにであった 怖い顔のぶるどっぐ   おまじないがきいた!
    でも・・・次の日も また であった ぶるどっぐに  怖いと思ってると、またまた 出会うってことがあるんですよね・・・

    ところが  ひょんなことが目の前で起こった  ふとったおばさんの存在が なんとも 良いタイミングで・・・
     
    そのおかげで  ぶるどっぐと 飼い主のおじいさんとと仲良しになれたんだって  なにげない お話しなんですが・・・

    子供の気持ち 偶然の出来事のおもしろさが  さらりと描かれて
    梶山さんの ブルドッグの絵も 迫力合って、 はらばいのぶるどっぐは だらしなく 笑えます

    おまじないの 効果かな〜

    掲載日:2012/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おまじない

    本当は、怖いと思っていただけで、犬好きかも知れないと思いました。

    苦手なことでも克服すれば、案外得意なことに変わるんだと思いました

    おとうさんに教えてもらったおまじないで、上手くいったので自信がつ

    いてよかったです。

    ブルドックとおじさんは、とても似ているので驚きました。

    一緒に暮らしていると何となく顔まで似てくると思いました。

    苦手なことにも挑戦してやってみるといいなあって思った絵本です!

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供らしい行動ですよね

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、男の子5歳

    犬が怖い「ぼく」が犬に出会ったらするおまじない。
    何とも、子供らしい行動ですよね。

    このおまじない。
    すぐに出てくると言うことは、お父さんも実は昔・・・なんて思ったりして。

    うちの子は、怖がりだけど、すぐに寄っていくので、このおまじないは必要ないなぁ・・・と思いましたが。

    裏表紙の、お父さん、おじさん、ブルドッグ、ぼくが勢ぞろいしている絵がとても楽しくて、好きです。

    掲載日:2006/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬がこわい子どもなら共感できるかな

    犬が大好きで、すぐ近づいていく息子には、ぴんとこなかったようです。

    犬を怖がっているお子さんなら共感できるんじゃないでしょうか。
    怖い顔したおじさんと、ブルドッグと最後には仲良しになれてよかったです。

    掲載日:2006/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いぬ、い、ね、うし、とら

    • ぽぽろんさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    子供の頃、野良犬に出会ったときのドキドキビクビクしていた気持ちを思い出しました。このおまじないで勇気が持て、犬ともおじさんとも仲良くなれたぼくがうらやましいなあ。
    個人的にこの絵は苦手ですが・・・。

    掲載日:2006/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手遊びしながら聞いててね

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子5歳

    いぬが怖い「ぼく」に、おとうさんが素敵なおまじないを教えてくれます。片手を開いて親指から「いぬ、い、ね、うし、とら」と指を折っていきグーにすると、4匹の動物で犬がおさえ込まれてしまうから大丈夫というのです。
    このおまじないを使って、「ぼく」は犬を怖がらずに出かけることが出来、さらにおまじないを越えて、自分で手をパーにして犬と仲良くなることが出来るのです。
    お話の中に「いぬ、い、ね、うし、とら」という言葉が何度も出てくるのですが、その度に子どもも指を折って「いぬ、い、ね、うし、とら」と唱えます。手遊びとお話を上手く融合した心憎い作品です。

    掲載日:2006/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いぬ、い、ね、うし、とらで、グーを作る。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    題名はちょっとインパクトにかけるけど、、子供心をよくついた素敵な作品でした。
    イヌが大の苦手の「ぼく」が、お父さんに頼まれてお父さんの仕事場(庭師らしくて、毎回仕事場が変わる)へ、おやつを届けに行こうとすると、あっちにも、こっちにも、怖そうなイヌがいます。その度にドキドキしてしまう「ぼく」。
    そんな「ぼく」に、お父さんはイヌが動けなくなるおまじないを教えてくれます。
    親指をイヌに例えて、「いぬ、い、ね、うし、とらと、唱えて、グーを作る」おまじないでした。
    「ぼく」は早速イヌに会う度に、そのおまじないをするようになります。
    イヌが動かなくても、やっぱり怖い「ぼく」。
    中でも、よく会う散歩中のブルドックは、大の苦手でした。
    でも、最終的にはそのブルドックとも、仲良くなれたというお話です。
    お父さんが教えてくれたおまじないの方法が良かった。
    このおまじないが題名だと、もっと絵本のイメージがハッキリと伝わってきたのに、そこのところがちょっと残念です。


    掲載日:2004/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット