だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ピアノはともだち 奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密」 みんなの声

ピアノはともだち 奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密 著:神山典士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784062169011
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「ピアノはともだち 奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピアノとの関わり方

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳、

    2012年度全国読書感想文コンクール小学校高学年の部課題図書。
    ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した、
    全盲ピアニスト辻井伸行くんの、ピアノとのかかわりを取材してまとめた記録です。
    表題の通り、全盲というハンディを背負いながら、ピアノというともだちを得た
    辻井くんは奇跡とも言うべき人生を歩むのです。
    でもそれは運とかではなく、ピアノとの関わり方、キーパーソンを惹きつけるパーソナリティーなのですね。
    様々なエピソードから、丁寧な心がけがプラススパイラルで結実したのでは、
    と思いました。
    母いつ子さんの子育ての歩みも、共感できますね。
    様々な壁に出合った時の、親子での乗り越え方も学ばせてもらいました。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 学ぶことの多い一冊です

    娘がピアノを習っていますので、辻井さんの活躍には日頃から関心があり、辻井さんのお母様の著書や辻井さんの恩師の著書も読んだことがあります。
    娘が低学年の頃に課題図書として出版されたのですが、少しまだ難しかったのですが、3年の娘に買い与えた一冊です。

    お母様のいつこさんの子育てにも感銘を受けます。
    全盲で生まれた辻井さんは、ピアニストになるべくしてこの世に生まれてこられたのだなと実感させられます。
    その才能に気が付いて、行動を起こされたお母様!やはり素晴らしい方です。

    娘もショパンやモーツァルトを弾く年頃になってきたので、表現の難しさや読譜の難しさも日々感じています。
    それを目の見えない辻井さんは耳で聴いて完全に覚えてしまうというのですから・・娘も本当に辻井さんの才能がすごいことを感じているようです。


    ピアノを志す方ならば、必読の価値ありです。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット