ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

たまごがわれたら」 みんなの声

たまごがわれたら 作:寺村 輝夫
絵:尾崎 真吾
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784577039199
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 早かった

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳4ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    最近は少し長いおはなしでも聞いていられるようになった息子ですが、流石にまだ早かった様で、最後まで聞いている事が出来ませんでした。

    たまごから次から次へと不思議な物がどんどん出てくるおはなし。
    この展開に私は驚きましたが、子供は意外とうけるのかなと思いました。
    大きくなったら、また読んで息子の反応を見てみたいです。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンポがよく楽しいお話

    図書館で借りました。

    みねこは新しい靴を買って貰い散歩にでかけます。
    ところが靴の飾り(花)が取れてしまいます。
    すると、花畑で取れてしまった飾りと同じ花が咲いていました。
    みねこが花を摘もうとすると、花は卵になりました。
    その卵を家に持ち帰ったみねこ。
    卵を使って、料理をしようと卵を割ると中から驚くようなものが出てきます。
    内容を書いてしまうとつまらなくなってしまうので、あえて詳しい内容は書かないでおきたいと思います。

    小学1年の息子は、卵から不思議なものが次から次へとでてきて、大爆笑。
    お話のテンポがよく、あっという間に読み終わりました。
    読み終わってから「お母さん、もう一回読んで!」と言われ、連続して読みました。

    字が大きく、テンポも良いので、幼年童話を一人で読むお子さんにもぴったりかな〜と思います(我が家は読んでもらうのが好きなようで、まだ一人読みをすることは少ないのですが)

    さすが王様シリーズを書いていらっしゃる先生。
    最初から最後まで楽しめます!

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット