だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

カメをつって考えた」 みんなの声

カメをつって考えた 作:阿部 夏丸
絵:大島 加奈子
出版社:旺文社
本体価格:\1,238+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784010695494
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「カメをつって考えた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然のなかで遊ぶということ

    ちょっと説教くささはあるが、地球大好き人には共感度120%だった。
    なによりうちには拾い亀がいます。
    お話のお母さんと同じ経緯を辿って家にいるが、もはや私が飼っている。
    人懐っこいこのつぶらな瞳にやられました。なので共感もひとしお。
    スポーツで釣りをするより、昔ながらの身近な遊びの一種としての釣りが私も好きかなあ。遊びは生きるためにすることだからね。
    アウトドア全般にいえることだが、高いお金をかけてスポーツやオシャレでするのではなく、生きることに即した自然遊びでいいのではないだろうか。私個人の意見ではあるが。

    出来事は王道だが、その行間にこめられている心理戦のような作者の思いが小説となっている。字を読むのではなく、思いを読むお話かな。
    主人公と一緒に読者が考える小説となっている。
    親や周囲の大人が教えきれない環境の子供に、ぜひぜひ自然界が実はどうなっているか知ってもらいたい。

    あと。純粋に釣りに興味のある子供に!
    一本の釣り竿で、こんなに何種類も釣り分けられるんだよ!

    ひとつ注文をつけるならば。
    立ち入り禁止の池に近づくとどんなことになるか、どこかに説明を設けて欲しかった。

    掲載日:2016/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • カメをつったら

    ケイタは小学6年生。

    5年生から釣りを始めます。マサルとエイジは2年生から始めたので、ケイタの釣りの知識は二人にはまだ及びません。

    そのケイタは、むかし池と呼ばれる池でおじいさんと知り合い釣りの仕方を教えてもらうのです。

    阿部さんの本には元々川釣りのことが描かれたアウトドア児童書が多いのですが、これもそうで、ケイタと一緒に釣りをしている気持ちになります。

    息子が驚いたのは川魚のモロコやフナが食べられるということでした。

    私の生まれた土地も川魚を食べる習慣があったので驚きはしなかったのですが、息子には驚きだったようです。

    自然の生物を捕まえた後、育てるのか逃がすのかというのは誰しも考えるところであり、

    ただ釣りをして楽しいだけではない釣ったものに対する責任とでもいのうか、心構えというかを考えるよい機会になりました。

    後半にはケイタの日記も出てきますし、男の子の気持ち、釣りをしたい気持ちも丁寧に描かれていると思います。

    どちらかというと男の子?でも今は釣りの好きな女性の方も多くなってきたということも聞きますので、

    アウトドアに関心のある子どもたちに楽しく読んでもらえそうな本だと思います。

    うちでもカメを飼っていますので、とても親近感がわきました。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット