だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

赤い靴」 みんなの声

赤い靴 作:山中 恒
絵:東 逸子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1992年11月
ISBN:9784039636003
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「赤い靴」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争と国民性

    少女が大切にしていた金髪の人形。
    少女にとってはとても大切なものだったのですが、戦争中に大人たちはその人形を疎ましく思ったのです。
    金髪だというだけで、敵国の人形だと思ってしまった人々。
    実はドイツ人形だったのですが、日本人には同盟国と敵国の区別もなく、自分たち以外は敵国だと思っていたに違いありません。
    そして、残念ながら島国という日本の特性なのか、いまだに日本人、外国人の差別化の構造が深く根付いていると思います。
    なにか、日本の国民性の悲しさを感じさせるお話です。
    人形は赤い靴を履いていました。
    横浜港の異人さんにつれられていった人形とは別の話でした。
    モノクロの挿絵の中のただ一枚。
    人形が焼かれるシーンの赤は印象的。
    人形が焼かれていく時の表情は苦悩していて、人間と変わりありません。
    山中さんの体験に基づいているのでしょうか。
    モデルがいるのでしょうか。
    現実味をもった話しとして受け取りました。

    山中恒さんの作品を読んできて、自分の知っていた山中さんと再会した感じになったお話です。

    掲載日:2011/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット