雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

聖夜」 みんなの声

聖夜 作・絵:佐藤 多佳子
出版社:文藝春秋
本体価格:\1,381+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784163297903
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本の装丁がとても素敵!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    佐藤多佳子さんの「Shool and Music」シリーズです。
    これは文藝春秋さんから出版されているので、一見大人向きの小説のようにも見えますが、本の装丁や主人公の年齢を考えると、中高生向きのライトノベル(というとちょっとポップで軽い感じの小説に聞こえるので、あえて言うなら「思春期児童文学」?でしょうか?)という感じのジャンルだと思います。
    ついでに言うと、最近の本のジャンルは幅があって、どっからどこら辺までが「児童文学」という垣根が低い気がします。
    だからこそ、作れる話も読める話も幅が広がって楽しい面もありますけどね。(ジャンル分けが難しいです)

    前置きはおいといて、
    まず、素敵だな。と思ったのが表紙の装丁です。シンプルだけど、とても目を惹く素敵な想定だと思いました。
    このシリーズは前から読んでみたかったけど、なかなか手にするまでに時間がかかってしまいました。
    『聖夜』は全編“鳴海和也”という高3の男の子の話でした。
    彼の心の奥深くに、静かに思く根をおろしている『母へのわだかまり』は、かなりどす黒いもので、最初は人格破綻者かと思ってしまいました。
    物語が進んでいく上で、作者の得意分野の「音楽」がいい感じに絡んできていたし、
    脇役の部活の仲間や、クラスメートの深井もなかなか味のある登場人物で、気が付いたらあっという間に読み終えていました。

    思春期って、多かれ少なかれ、育ててくれた親や大人たちとぶつかる時期だと思うんですよね。
    それをどうぶつかって乗り越えていくかで、大人になるための人格の再生が始まるのかもしれない。と、この作品を読んでとても感じました。
    正直、全体的に「どす黒い」感じの話です。
    好き嫌いは出ると思いますが、読んで損はない作品だと思います。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット