ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

水仙月の四日」 みんなの声

水仙月の四日 作:宮沢 賢治
絵:伊勢 英子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1995年09月
ISBN:9784039634405
評価スコア 4
評価ランキング 19,442
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雪の中

    宮沢賢治の童話を伊勢英子さんの絵で読めるということで、楽しみにしていました。
    辺り一面真っ白な雪の世界を、みごとに描かれていたと思います。
    絵本では「楽しく遊ぶ雪」が多く描かれていますが、本当の雪は厳しいということも、このお話からわかるのではないでしょうか。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真冬の山で

     「水仙月」なんて、とてもすてきですが、実際は一年で一番寒い時です。真冬の山は、怖くてきれいでほんとに神秘的です。

     雪婆んごや雪童子、雪おおかみは、ほんとうに冬の山にいるのかもしれない、、、なんて思ってしまいます。
     賢治ならではの、不思議な言葉にひきこまれます。

     キーンと冷たい空気感や、ふきすさぶ風の音が聞こえてきそうです。 伊勢さんの幻想的で透明感のある絵が、お話にぴったりあっていました。赤いケットが印象的です。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な絵本です

    水仙月とはいつだろう。
    水仙が咲くころのイメージとは裏腹に、展開されるのは冬の大吹雪の世界。
    そうすると2月なのでしょうか。
    お話に登場するのは水仙ではなくて、一人雪の中を行く少年と、それを襲う猛吹雪。
    雪狼、雪童子と恐ろしい雪婆んご。
    少年を凍死させようとする雪婆んごと、少年を助けようとする雪童子。
    少年を巡って激しい嵐の世界が展開されます。
    その風景が、伊勢さんの絵でとても幻想的な絵で見事にまとめられています。
    宮沢賢治の話も幻想的で詩的で多くを語りません。
    登場者と「水仙月」という言葉に代弁させているようです。
    昔ながらの言葉、言い回しが新鮮です。

    このお話、詩的な話なだけに、描く作家によってかなり異なる世界になると思います。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット