ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

どんなともだちできるかな」 みんなの声

どんなともだちできるかな 作:斉藤 栄美
絵:土田 義晴
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2000年
ISBN:9784591064559
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
「どんなともだちできるかな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新しい幼稚園にドキドキ

    主人公のあずさちゃんは年長さん、娘も年長さん。そして大好きな幼稚園の話なので、興味を持って最後まで読んでいました。
    あずさちゃんは引越しをしてきて、新しい幼稚園生活にドキドキ。
    その姿を見送るママの気持ちも伝わってきて、ちょっとうるっときます。
    シリーズであるようなので、続きが読みたいねと娘と話しています。

    絵もほのぼのした感じでとってもかわいいし、幼稚園児にはお勧めです。文章の量的にも年長の娘が一人で読むのにもちょうどよいくらいです。一生懸命一人で読んでいました。

    掲載日:2012/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達

    あずさの家族が引越ししてきてまだお友達が一人もいません。

    あおぞら園のりす組に通うことになったあずさがお友達との関わりを画

    いてあって、あずさの不安、お友達が出来るまでとても興味深い内容だ

    と思いました。保育園に通う子に特にお薦めの絵本です。あおぞら園の

    トイレは、くまさん、うさぎさん、きりんさんの絵が可愛く描いてあっ

    て色彩にも夢があっていいなあって思いました。あおぞら園の園庭もぞ

    うさんの滑り台、ジャングルジム、ブランコ、砂場で遊ぶ園児たちを眺

    めているだけでも保育園っていいなあって思いました。中表紙の園児が

    にこやかにみんなで手を繋いでいる絵もいいなあっていつまでも眺めて

    楽しめました。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園年長さんに

    • 花樹幹さん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子6歳、男の子3歳、男の子0歳

    4月から幼稚園に行き始めた息子に読みました。
    主人公のあずさちゃんは年長さんなので、お友達同士のやりとりも年少さんとは違っています。文章も長いので、年少から幼稚園に入る子には少し早いかもしれません。長い文章に慣れていれば大丈夫かもしれませんが。
    うちの息子はあおぞら園シリーズの他の2冊を先に読んで気に入っていたので、これも真剣に見入っていました。
    あずさちゃんの不安な気持ちが、お友達とのやりとりの中でだんだん薄らぎ、最後には幼稚園が楽しみになる様子がとてもよくわかり、主人公の気持ちに寄り添う、という絵本本来の楽しみ方ができます。
    少し長い文章に慣れてきた年中さんから年長さんにおすすめです。

    掲載日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園したばかりの息子と一緒に読みました。
    お母さんと別れるところ、遊具や教室の様子、かめがいるところなど、「あ、○○幼稚園と一緒!」と喜んでいました。

    違うところは、あずさは年長さんで、転園してきたということ。
    積み木を取り上げられたとき、私まで涙がにじんできました。
    私も小さい頃はこんな感じだったのでね。
    息子は全然違って、だれとでもお友達になれるタイプです。
    この絵本も、とにかく楽しんで読んでいました。
    すみれの押し花もやってみたいと言っていました。

    お友達がいると、あずさのように明日が楽しみになりますね。
    毎日楽しみに通ってくれるといいなぁと思います。

    掲載日:2007/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいトイレ♪

    このお話は、幼稚園年中の息子にとっては、とても身近な話題であるためか、すごく集中していつも聞いています。はじめてりすぐみの部屋であずさが積み木を横取りされたシーンでは、ドキドキしているのが伝わってきました。
    幼稚園のかわいいトイレを見て、「あ、ぼくの幼稚園といっしょだ!」と、とても喜んでいました。
    シリーズのほかの絵本もおすすめです。

    掲載日:2006/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちできてよかったね。

    最初、この本を読んだ時に息子が「ともだちできてよかったね。」と言っていました。どうも自分が幼稚園の年少の頃を思い出しながら聞いていたようでした。

    その息子も今はあずさと同じ年長組。気持ちがわかるみたいでにこにこしながら本を見ていました。それにおしばなを作るのに延長先生から借りた辞書の上に次から次へとお弁当箱やコップ・つみきなど積み上げて遊ぶ様子が楽しそうで実際、息子も幼稚園でつみきを高く積み上げて遊んでいるんだろうなあ〜。

    あおぞらえんシリーズはあと2冊あると聞いているので早く読んであげたいです。

    掲載日:2006/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • このシリーズ3冊纏めて・・・おすすめ

    「あおぞらえんのおんがくかい」「あおぞらえんのおとまりかい」は既に読んだことがあり、今回のお話は第一弾だったことが分かりました。このシリーズは、年長さんの心理を良く描いており、息子も私も大好きです。
    今回のお話で、あずさは、転園してきたことが分かりました。もう少し、このお話に出会っていれば、良かったな。
    だって、息子は半年前同じ経験をしていたから。
    あずさは、女の子だから、遊び方(おしばな)は違うけど、不安な気持ちは良く伝わってきました。
    こうやって、友達って出来ていくんだなって、思いました。
    3冊纏めて、読まれることをおすすめします。

    掲載日:2004/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット