だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

トマトさん」 みんなの声

トマトさん 作・絵:田中 清代
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784834022131
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,663
みんなの声 総数 143
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

143件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • インパクト

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子7歳

    トマトさん、でかい!
    絵本いっぱいの大きさ、はみ出してます。
    表情豊かですが、子供達はびっくりしてました。
    二年生クラスの読み聞かせに読みました。

    ちょうど、生活科でミニトマトの栽培中。
    でも、こんなトマトさんがとれたら、どうしよう?

    子供達の反応はそれぞれ。
    でも、うそだぁ〜。顔が怖い!と言いながらも
    絵本に釘付けでした。

    インパクトの強い、夏向けの一冊です。
    夏休み、トマトの丸かじりしてね!と言ったら
    かじられそうで怖い〜と言われました。
    夢に出てこないことを祈ります。

    掲載日:2010/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵も文も素晴らしい!

    ある なつの ひるさがり。
    まっかに うれた トマトさんが
    トマトのきから どった、と おちた。

    あつーい、あつい太陽に照りつけられながら
    ミニトマト達が小川で遊ぶ音を聞いているトマトさん
    通りがかったトカゲ達(カラフルで素敵!)に
    「トマトさんも およいだら」と誘われるけれど、
    つい強がりを言ってしまうトマトさん
    でも。。本当はトマトさんも泳ぎたくて
    でも。。体が重たくて。。

    以前から気になっていた絵本です。
    表紙のインパクトもすごいですが、
    表紙をめくると1頁目から文章に引き込まれます。
    いきなりトマトさんが どった、と落ちるところから始まるのですが
    “どった、”とはなんてしっくりくる表現なのでしょうか!
    よく熟れたトマトの重量感がしっかり伝わります

    色合いもとても素敵で、絵を見ているだけでもうっとりします。
    トマトさんの豊かな表情の変化も素晴らしいです
    トマトさんが小川に落ちるところの、表情と言ったら
    なんて気持ちよさそうなんでしょう

    2歳の息子は、トマトさんが泣いてしまうシーンで
    『だいじょうぶだよ、トマトさん、○○(息子の名前)だいすきだよ』
    と言って、ぎゅーっと絵本を抱きしめていました
    そして、ラストの川原でのお昼寝シーンを
    本当に安心したように何度も何度も繰り返し見ています。

    新しい絵本を買うと、暫く遠巻きにしていて
    1,2週間経つと読むようになる息子ですが
    この本は届いたその日から何度も何度も読んでと持ってきます。
    今朝も、寝起きの言葉が『トマトさん、みる』でしたよ。

    今度川に行く時は、トマトさんも連れて行ってあげましょうか

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夏にぴったり!

    暑くてひからびそうなトマトさんでしたが、虫やトカゲたちのおかげで冷たい水の中へ入ることができました。
    「ああ、つめたい。なんてきもちいいんだろう」と言ったときのトマトさんの表情がとても涼しげで気持ちよさそうです。
    表紙ではかなりインパクトが強いトマトさんでしたが、最後はさわやかな気分になりました。娘のお気に入りの1冊です^^

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • トマトに親近感

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    よくおすすめされているけれど、
    表紙の絵の独特な顔にひいてしまい、
    読むのをためらっていましたが、
    暑くなり、トマトを美味しく食べて欲しいと思い、
    図書館で借りてきました。

    最初は違和感のあった顔も、
    お話の中では違和感なく、
    ぴったりで、だんだんトマトさんの顔が好きになってきました。

    お話も面白く、
    トマトさんが水につかって気持ちよさげにしているのを見ると、
    水浴びしてくなりました。

    息子のトマト嫌いは治りませんでしたが、
    ちょっと親近感が出てきたみたいです。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか不評・・・

    4歳の長女に読みました。
    食べることが大好きな長女は、くだものなど食べ物が出てくる絵本は大好きなんですが、なぜかこの絵本だけで不評でした。

    まず表紙を見た段階で、「こわい・・・」と。さらに「なんでトマトに顔があるの?どうしてこんな顔なの?」とそこが気になってしまったようで。
    確かにインパクトがあ表紙ですよね。
    評判がよい絵本だっただけに残念です。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏本番で 毎日 かんかん照りの暑い夏  今日も私は 先日買った丹波篠山のトマトを冷たくひやして 美味しく頂きました

    ありがとさん!

    真っ赤なトマトさん あつくて 川に入れて良かったね
    みんなが 転がすために協力してくれて  良かった よかった
    ホントに 川の中のトマトさんの幸せな顔は 最高です

    暑い夏は 水の中で泳ぐのが最高  夏休み 近所の市民プールは子ども達で大にぎわいです
    トマト大好きです   畑で真っ赤に熟れたトマトが 最高!
     トマトさん誰に食べられるかしら?    

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙がインパクト大

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    表紙のトマトさんが迫力があってインパクト大でした。
    夏にいい絵本だと思います。
    トマトさんだって暑い!…ですよねー。
    ほかの野菜もそんな風に考えているのかなと思ったり。
    暑い日は私も水に飛び込みたくなります。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  •  表紙の絵を見て、泣き出す子もいるかもしれません。
     その一方で、かわいいと頬ずりする子もいるかもしれません。
     それほどインパクトのある表紙。大玉トマトの「トマトさん」の顔がデーン。ぜひ、裏表紙も見て欲しいのですが、「トマトさん」の後頭部が、こちらもデーン。しかも、真っ赤。
     これだけ見れば、この絵本がトマト、そしてこれは大玉トマトです、の物語だってわかります。しかも、タイトルが「トマトさん」。
     大玉トマトの「トマトさん」にどんなことが起こるのでしょう。

     ある夏の昼下り、真っ赤に熟れたトマトさんが枝から落ちてしまいます。トマトと結構簡単に枝から落ちてしまいます。ミニトマトをもぐのも、指でチョチョイとすれば、ポトリととれます。
     そんな具合に「トマトさん」は枝から離れたのですね。
     「トマトさん」の耳に小川の音が聞こえてきます。しかも、その小川にミニトマトたちがころころ転がって、飛び込んでいます
     何度もいいますが、本当にミニトマトは枝からポトリと落ちやすいのです。
     ところが、大玉トマトはそういうわけにはいきません。
     ミニトマトにようにころころ転がって小川で泳ぎたいのに、転がれないのです。

     そこで、みんなで「トマトさん」を転がそうと虫たちが集まってきました。
     ここから、虫たちの懸命な努力が始まるのですが、読み方次第では落ちた大玉トマトを食べようと虫たちが集まってきたみたいに見えてしまうのです。
     それというのも、「トマトさん」の表情がなんだか熟し過ぎて、虫たちに狙われそうなんですもの。
     ここでは虫たちはみんないい子。小川で泳ぎたい「トマトさん」のために、皆で力を合わせます。
     そして、ついに「じゃっぷーん!」。

     熟し過ぎたトマトも冷たい水で冷やしたら、きっとおいしくなるのでしょうね。
     結局、「トマトさん」はひと泳ぎして、河原にあがることになります。
     本当は「トマトさん」に川をどんぶらこどんぶらこって流れて欲しかったな。
     おばあさんに見つけられて、そこから生まれたのが「トマト太郎」なんてなれば、また別の話になってしまいます。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクトのある絵に惹かれて迷わず購入しました。
    木からどったと落ちたトマトさん。とかげさんに「泳いだら。」と聞かれて、本当は泳ぎたいのに「ぷっかぷっかとみっともないでしょ。」とちょっぴりひねくれた返事をするところが大好きです。暑さに耐えかねてポロリと本音を言ったトマトさん。傍にいたありがそれを聞いて、仲間を集めます。素直になる心、みんながひとつになって助け合う心が嬉しい。なによりトマトさんの細やかな表情がとってもいいです。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情が!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    トマトってこんなイメージだったっけと
    トマトへの印象が変わってくるほど
    何ともなまめかしく、色っぽいのです。
    周りの虫たちが一生懸命暑がっているトマトさんを
    川の中に運んであげるところも
    川から魚たちが岸にあげてあげるところも何とも
    子供たちは滑稽でおかしかったみたいです。

    絵本なので手足を付けて自分で動かすこともできたでしょうに
    あえてそれをせずに、
    周りに助けてもらいつつ、天真爛漫に
    人生を謳歌している様子が手にとれて楽しかったです。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

143件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

全ページためしよみ
年齢別絵本セット