おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

いろいろないちにち」 みんなの声

いろいろないちにち 作・絵:中村まさあき
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1989年
ISBN:9784579402892
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,149
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 暮らし

    ある町の一日の様子が描かれています。
    ごく普通の町です。
    普通のおじさんに、普通のおばさん。
    普通なんだけど、それぞれのストーリーが見られましたね。
    文章がないぶん、誰を主人公にしてもいいし、想像がふくらみますね。

    掲載日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何事もない平和な一日

    海辺の小さな町の二十四時間が描かれています。
    何事もない平和な一日の中に、実にさまざまな生活があることに、あらためて驚きました。
    何度も繰り返し見ていると、どうしても海が気になってしまいました。
    3・11、津波はこんな風景を呑み込んでしまったのです。

    掲載日:2013/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供と間違い探し?ができる!

    5歳0ヶ月の息子に読んでやりました。綿密に練られたある架空の町を舞台に、2時間ごとに移りゆく町の様々な姿を丁寧に描かれている絵本です。文章はないですが、その時間ごとに起こる様々な人々の様子が繰り広げてあり、息子とその様子をひとつひとつ丁寧に探したり、追ったり。前の時間帯との違いを探したり、灯りがついているのはなぜかとか開いている店を探せなど、客観的に町を見ることができるので、面白かったです。息子とはいつもと違った絵本の見方ができるので、ちょっと盛り上がりました。お子さんと楽しみたいなら、ぜひこの本をお勧め!

    掲載日:2012/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなお話が♪

    • ユキノユリさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子4歳、男の子3歳、女の子1歳

    こどもたち3人と私とで,
    本を囲んで,いろんなお話を見つけながら
    30分は話が弾みました。

    魚市場や豆腐屋さんは朝がとっても早くて,
    焼鳥屋さんなんかは夜遅くまでお仕事があるということも
    楽しみながら知ることができました。
    小さな社会勉強にもなったかな?

    図書館で見つけた本ですが,
    すぐ買うことになっちゃいました♪

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな発見できるよ

    おもしろーーーい。
    いろんな人に注目しながら、その人の一日を追いました。
    娘も相当長い時間眺めていましたが、仕事場の子供たちもそれぞれに楽しんでくれました。
    特にオネショ布団が乾いていく様が大人気!
    幼稚園の保育時間の短さにもいろいろ意見が(笑)
    男の子は雪の中を走る列車が停まっているなど、私では気付かないことを教えてくれました。

    その子その子によってじっくり楽しめる一冊です。
    細かい絵を眺めるのが好きな子供に。大人にも。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人の数だけ物語がある・・・

    時間とともに変わっていく町の様子を、人々の暮らしで見ていく絵本です。
    隅々までとても細かく描かれているので、時間をかけて楽しめます。
    ページを前後させて人々の動きを追うのも面白いですね。
    絵本には時間が書かれているだけで字の無い絵本ですから、
    読むと言うより見る絵本です。
    でもこれだけの登場人物がいるのですから、自然とお話も湧いてきます。
    そして最後のあとがきを読んで
    また最初からページをめくってみてください。

    掲載日:2008/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本もおすすめです。

     「うちじゅうのいちにち」がとってもおもしろくて、こちらはあるそ町の一日を同じ視点から観察した絵本です。時間経過のみ書かれているので、読むのでなく見て楽しむことが出来ます。

     この町の日常風景をいろいろ想像したり、あれっパトカーが来てるとか、絵の変化に子どもはすごく敏感ですね。

     自分も町の一員になったつもりで楽しめる絵本です。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むのではなく、想像する本

    何かの本で紹介されていて購入した本です。
    手元に届いて「難しすぎたかな」とちょっと後悔しました。
    自分用にでも良いかと思っていたのですが、意外にも娘のお気に入りの一冊になりました。

    めくる度に新しい発見があり、それぞれに違う1日があり、静かに眺めているだけで十分に楽しめます。
    最初は「読むところが無くて読んであげられない」
    と言っていた主人ですが、
    今は「ここに風船を持った子がいるね」などと一緒に眺めて話しています。
    娘は全部の時間の猫(2匹)を見つけました。
    猫にもちゃんと1日があるんですよ。

    絵本の概念を覆される1冊です。
    1000円を越すので、ちょっと高いですがそれだけの価値があります。
    時間の移ろい行く、どこかの町の誰かの1日を想像するのは楽しいですよ。

    掲載日:2007/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細かい!!!

    1日の町の様子を2時間おきに書いてある絵本です。
    とくに字はありませんが、とても細かい描写で、いくらでも自分でお話が作れそうです。
    あとがきを読んで、そのこだわりのある設定にさらに驚き、ホロリとさせる裏設定もあります。
    時間を追って、同じ人が場所を変えて何度も登場していたり、子供も大人も夢中になれる本だと思います。
    うちの子供たちは、この絵本を見て「豆腐屋さんと新聞屋さんは早起きなんだねー」と言っていました。
    実に深い絵本だと思います。

    掲載日:2006/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人ひとりの一日

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    2時間ごとの街のようすが見開き一杯に書かれています。
    物語はなく絵だけですが、数え切れないくらいのストーリーがつまっています。
    真夜中に勉強している受験生。
    パトーロールをするお巡りさん。
    早朝に仕事に出かける八百屋のお父さん。
    通勤客で込み合う駅。
    日常のありふれた一日でも、一人ひとりにとっては大事な一日。
    登場人物一人ひとりに物語があることを気づかされます。
    「あとがき」を読むとなおさらで、時間がたつのも
    忘れて見入ってしまいました。
    息子も一人の人物を追いながら一日をたどり、
    終わると別の人物の一日を追うといったことを繰り返していました。
    私が気になったのは、駅のわきに一人で住むおばあさん。
    朝、仏壇に手を合わせ、3度の食事をとり、就寝。
    出かける様子も、誰かが尋ねてくる様子もなく一日を過ごしている。
    思わず、祖母に電話をしたくなりました。

    掲載日:2006/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / じゃあじゃあびりびり / くだもの / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット