ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

ふしぎなかけじく」 みんなの声

ふしぎなかけじく 作・絵:イヨンギョン
訳:おおたけ きよみ
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784901006699
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,431
みんなの声 総数 8
「ふしぎなかけじく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 儒教の国ならではの作品。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    韓国の方の絵本を読むのは初めてでしたが、素直に面白かったです。
    父親に死なれ、目の不自由な母をもった男・ハンジャギョンが、泣いて悲しんでいるのを見兼ねた道士(修行をして、超能力のような力をもった人)は、ハンジャギョンに不思議な掛け軸を渡します。
    その掛け軸には、大きな蔵と門番が描かれていて、絵の中の門番にお願いすると、蔵の中からお金をいただけるようになっているのです。
    同士はくれぐれも、暮らしに必要な分だけのお金(一日1両だけ)を出すように諭しますが、次第に欲が膨らんだハンジャギョンは、一度にたくさんのお金を要求します。
    その為に、掛け軸の不思議な効果はなくなり、ハンジャギョンは痛い思いをすることになってしまいますが、母を想う気持ちが残っていた為、もう一度、命だけは同士に救われたという、儒教の国ならではの作品でした。
    筆で描いたような絵が特徴的で、私の好みとしては、掛け軸の中の門番が可愛かったです。


    掲載日:2004/10/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 欲が恩義をぶち壊し

    せっかく自分の苦境を救ってもらったのに、ほんの気の迷いでぶち壊しにしてしまったあわれな男のお話ですが…。
    道士というものが何者か、説明しないとちょっと話に入り込めないかも知れません。
    昔話の雰囲気を、心臓バクバクとか脳天ヒクヒクとか連発されたオノマトペが、壊してしまったように思いました。
    蔵の門が開いたと思ったら目の前にいきなり男が現れるという、ページ折り込みの細工はとても効果的だと思いました。
    何だか、お笑いとして受け取って良いのか、説話として受け取って良いのか、この絵本をどのように受け取って良いのか、ポイントが定まらない絵本になってしまったように思いました。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  •  韓国のおはなしです。
     古典小説を創作し絵本になったそうです。
     
     朝鮮王朝時代に、実在したふしぎな神仙の術を修めた道士、チョンウチが、山のふもとから泣きき声が聞こえてくるので、様子を見に。
     チョンウチが、風のように舞い降りて見ると、貧しいハンジャギョンという男が、父親の葬式代も工面できず、目の不自由な母と途方にくれていました。
     そこで、チョンウチ道士は、袖から掛け軸を取り出し、…。

     チョンウチ道士は、腐敗した権力者による圧政に抑圧された民衆を今回も助けるべく、情けをかけたのですが、人間の業の深さに読んでいて恥ずかしくなります。
     掛け軸の中に、入って行き、あわてて袋にお金を詰めるシーンに、「あ〜あ。」と息子。
     最後の、「これからは できるだけ よいことをして くらしなさい」の言葉は、ハンジャギョンをおもわず応援していた私に言われたようで、「はい」と返事をしてしまいました。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラしました

    欲をかいてはよくないという昔話風のお話の中に、乱れた治世への不信感や批判のようなものも感じられました。

    その象徴として登場するのが、シンジャギョンがかけじくをもらうチョンウチ道士という謎の人物です。

    前半、シンギジョンがかけじくの蔵番から少しずつお金をもらうより、たくさんのお金を一気にもらおうとする展開は読めましたが、後半はどうなるのかがわからずハラハラしました。

    時代設定が古いお話であるのに、訳語が「しんぞうバクバク、のうてんひりひり」などの現代的な口語が混じっているのが読んでいて気になりました。
    お話としては、とても魅力的で起伏に富んだ展開がおもしろいと思います。

    掲載日:2009/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国の雰囲気漂う絵本

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    韓国の人々は、とても情緒豊かで、表情も豊かです。
    この絵本の登場人物も表情豊かでおもしろいです。

    お母さん思いの息子が多い韓国ならではのところもあります。
    描かれる衣装や建物からも韓国を知ることができます。

    絵も文章もユーモアがあって、楽しく読めます。

    掲載日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神様っているのかな?

    ぜひ子供に読みたいと思い借りました。
    子供たちの感想は「韓国の昔にも白いトラがいたんだ。」
    「これは本当にあったお話なのかな?」「チョンウチ道士って神様のこと?」といろいろと疑問がわいてきたようでした。
    内容はおもしろく、昔話としては暖かく親を思うことの深い韓国ならではの絵本だと思いました。
    絵がとても素敵で、文章も5歳くらいでも理解できるところがよかったと思いました。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしても欲が出るのは万国共通

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    韓国の昔話です。
    古今東西の昔話によくあるパターン、“「○○だけは決してしてはいけませんよ」という言いつけを破り、せっかく掴みかけた富や幸せを逃してしまう”というお話です。
    いつどういう形で、主人公がこの言いつけを破ってしまうのかしらと、ドキドキ(ワクワク?)しながら先を読むことが出来ます。
    墨で書いたような絵や、虎を連れた道士、掛け軸など、日本ものとは少し違った趣が楽しめます。
    ただ、訳のせいなのか、それとも元々原文がそうなのか、もっと言葉を厳選して使って欲しいと思える文章表現が何箇所かありました。
    現代の流行におもねるような表現は、ちょっといただけませんでした。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国版たからげた?

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    日本の昔話にもよくあるお話でした。

    お金がなくて困っている若者が、年上の人にお金を生み出す小道具をもらって救われるのだけれど、最後は欲にかられて身を滅ぼしてしまうパターンです。

    どの国でも、同じような人々がいて、同じような救いを夢見、同じように弱い心をもっているということでしょうか。

    でも、この話では、主人公が親を大事にしているところや、かけじくをくれた道士が施政者をも懲らしめようとしてるところに、お国柄を感じました。

    テーマは重いのですが、絵がユーモラスですし、細かい書込みを見るのも楽しく、軽い気持ちで楽しむことができました。

    掲載日:2004/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット