ちょきちょきブロッコリーさん ちょきちょきブロッコリーさん ちょきちょきブロッコリーさんの試し読みができます!
作・絵: ふくだ じゅんこ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ブロッコリーさんに髪の毛を切ってもらおう!

キャサリンとライオン」 みんなの声

キャサリンとライオン 作・絵:クレア・ジャレット
訳:掛川 恭子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年12月
ISBN:9784338126038
評価スコア 4
評価ランキング 20,852
みんなの声 総数 2
「キャサリンとライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ライオンと一緒!

    ある朝、キャサリンが目を覚ますと、大きなライオンがいました。ライオンは、にこにこ笑っていました。から始まり、何処へ行くのもキャサリンとライオンは一緒です。何をするのも一緒、まるで親友のようです。親友と同居した家族のように感じました。おとなしいライオンに幼稚園の子供もティクル先生もキャサリンの母親もライオンを怖がらないのが不思議に思いました。きっとライオンは優しくていつもにこにこ笑っていたのだと思いました。いつも笑っているって人を幸せにするのだと思いました。ライオン見習っていつも笑っていたいと思いました。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友だち

    キャサリンのところへある日やって来たライオン。

    キャサリンはえさをあげたり幼稚園に一緒に行ったりするのです。

    キャサリンがライオンに驚いたり、反対にライオンの方がキャサリンに驚いたりということはなく、ごく自然に親近感を持ち、一緒にいるのが当たり前のように淡々と時間が流れていきます。

    キャサリンはライオンに寄りそっているし、ライオンもキャサリンの心に寄りそっているという、友だちとしては一番いい関係が築かれているように思いました。

    ただ一緒にいて楽しい時間が過ごせること、それが友情の最もよい形なのかもしれませんね。

    絵もお話にも優しさが感じられます。

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!


約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット