大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

10+1ぴきのかえる」 みんなの声

10+1ぴきのかえる 作:間所 ひさこ
絵:仲川 道子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,117+税
発行日:1982年06月
ISBN:9784569586021
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,464
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 10匹で送り届けたよ

    雨がいっぱい降って水かさがますと、
    かえるさんたちはごきげんなんですね。
    ところが水かさが増して良いことばかりじゃない見たい。
    女の子が遠くから流されてきて、、、
    頼もしいかえるたち10匹で送ってゆくけれど、
    大なまずがいたり、渦に巻き込まれそうになったり大変でした。
    ウシガエルのおじさんは親切で、
    ケロコちゃんのふるさとはきれいなところですね。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間っていいな。

    息子が3歳のときにはまった「10ぴきのかえる」シリーズ。
    この「10+1ぴきのかえる」は、息子が特に好きな作品の一つです。

    ひょうたんぬまにすむ10ぴきのかえるたちのところに、
    はすの葉ボートに乗った1ぴきの女の子のかえるが流されてきました。
    女の子はどうやって家に帰ればいいのかわからなくて困っています。
    10ぴきのかえるたちは、力を合わせ、様々な危険や困難を乗り越え、
    女の子をおうちに送り届けます。

    頭の良いかえる。体力のあるかえる。
    みんな個性がいろいろあって、
    みなが自分の持ち味を発揮して
    困難を乗り越える設定がいいですね。
    つらいときには明るく歌を歌います。
    このシリーズを読むと、仲間っていいなと純粋に思います。
    シンプルな絵と、シンプルなストーリー。
    このシンプルさが、2〜3歳の子にぴったり合っています。
    今どきのスタイリッシュな絵本とは違い、
    ちょっと昭和な雰囲気がありますが、
    幼少期の子がはまること間違いなしです。
    子どものツボの押さえ方がお見事です。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエル苦手の子でも

    4歳次女が幼稚園で借りてきました。沼に住む10匹のカエルが流れてきた女の子のカエルをお家まで届けるお話です。途中で渦巻にのまれそうになったり、大変。渦巻のところでは次女はとっても心配していました。私はカエルがちょっと苦手ですが、カエルの苦手な方でもこの絵本のカエルたちは可愛いと思ってしまいますよ。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大冒険

    生まれた場所がひょうたんぬまという

    ひょうたんみたいな形のぬまだというかえるのお話です。

    ぬまの池でボートをこいで、かなりの冒険でした。

    どこをどうやって進んだか、裏表紙をめくったところに

    あります。

    読んだ後そこをみるろ、なるほどね〜と思います。

    ひようたんの形は真ん中が絞れていますが、

    そこがかなりのうずまきになっています。

    うずまきに巻き込まれるところがおもしろかったです。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙裏の地図もいい!

    このシリーズの好きな息子が幼稚園で借りてきました。
    2歳の娘とも一緒に読んだのですが、かえる以外にもてんとうむしやとんぼなど、身近な虫たちも登場し指さして喜んできました。

    女の子のかえるが迷子になり、10匹のかえる達が送り届けるのですが、途中いろんなハプニングが・・・。

    そしてとてもいいなと思ったのが、表紙裏に『ひょうたんぬま』の地図が書かれていることです。
    読んだ後にかえる達のたどった道を子供たちと話しながらたどってみました。
    その後も息子が一人で地図を眺めて指でたどっていました。

    絵もかわいく楽しい絵本なのでおすすめです。

    掲載日:2011/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子、登場!!

    「10ぴきのかえるののどじまん」を見て、
    すご〜く大好きになった息子が、借りてきました。

    今度は、雨が降り続く「ひょうたんぬま」に、女の子を乗せた
    はすのボートが流れてきます。迷子のようです。

    迷子の女の子を、お家に送っていくのですが、様々な事が起こりますが
    今回も見事に乗り越えていきます。

    やっぱり、面白いですね!!

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の絵本、見っけ!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「10ぴきのかえる」シリーズの2巻目ですよね?

    このシリーズは、保育園で楽しんだような・・・
    息子とも読んだような・・・

    もう1度順番に読み返してみよう・・・
    と、1巻目なし(+_+ゞ

    で、これから

    絵がアニメっぽくって
    私は少々遠慮でしたが
    子ども達は、好きでしたね

    1匹ずつ個性があるし

    ちょっとした事件があって
    それを解決するのがいいのでしょう
    それも、みんなで力を合わせるから

    女の子の蛙の登場で
    保育園の女の子が自分がこれ!と
    言い合っていた光景を思い出してしまいました

    こんなにか弱い女の子って
    居なかったけど(^^ゞ

    腕のお花のブレスレットも人気で
    散歩では「黄色のカエルちゃんと同じ〜」と
    流行したのも記憶しています

    遊びに発展する絵本でもありました

    これからの季節にお薦めです

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット