すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

きみはほんとうにステキだね」 みんなの声

きみはほんとうにステキだね 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784591082409
評価スコア 4.85
評価ランキング 81
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • あばれんぼうで いじわるで ずるくてじぶんかってな きょうりゅうがいました
    こんな始まりです  
    そんな悪い ティラノサウルスですが自分が海にはまり自分の死を感じた時「だれか た・す・け・て・・・」

    危機一髪を救ってくれたエラスモサウルス

    この時はじめて 「ありがとう・・・」といえたのです
    そして 今までとはちがう あたたかいものを感じたのです
    この時の喜びは 彼を変えたのですね

    友達への思いが優しさに変えてくれたのです
    いつまでも いっしょにいたいと思うようになれたのです
    この変化のすばらしさ!   
    何がそうさせてくれたのでしょう?
    そして エラスモサウルスを助けてあげた時 涙を流し本当にやさしくなれたのです
    愛する人がいるということは 素晴らしいですね!
    こんなにもやさしくねれるのですもの 

    たったひとりの友達の有難さに 涙した ティラノサウルス

    私も ちょぴりもらい泣きしました・・・・・
    新年早々いい話を読ませてもらいました

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 涙涙・・・

    この絵本にはいつも優しさといじわるな気持との両方が描かれているので、子供の成長に欠かせない絵本だと思っています。人(恐竜)も自分がどう思うかで、性格とか態度とかがガラッと変わってくるんですね。友達づきあいの難しさみたいなのもが描かれていて子供のためになるな〜って思いました。

    掲載日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友情

    エラスモサウルスに出会ったティラノサウルスは大切な友達を得ます。
    でも、陸のティラノサウルスと同じように、海にも暴れん坊の恐竜がいます。そして、友のエラスモサウルスがやられてしまうのです。泳げないティラノサウルスが海に飛び込んだり、本当の自分を涙ながらに話すシーンは、大人でもじーんとくるのではないでしょうか?大人が読んでもおもしろいし、心温まるストーリーなので、個人的にはすごくオススメの本です。ですが、おそらく、すべてを理解できるのは、小学生くらいからだと思いますが、小さい頃から読み続けると良いのではないかと思っています。
    ただ、3歳になりたての娘は、エラスモサウルスの傷やティラノサウルスが泣いてることばかりに目が行き、ストーリーは理解できていないようです。3歳にはちょっと早いかな?と思った本です。

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友達

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    「友達」とは何か・・・
    ひらがなばかりで書かれていて、小さな子でも読めるような優しい絵本ですが、書かれていることは大人も考えさせられるような深い事を題材にしていると思います。

    いつも意地悪ばかりしているティラノサウルスですが、エラスモサウルスと友達になったことによって、ティラノサウルス自身が変わっていくというお話。

    誰かから無償の愛、無償の優しさを受けると、やはり頑なな心も変えられるんですね。

    そういうことをしてあげられるエラスモサウルス、それに真摯に答えるティラノサウルスもまた素晴らしいと感じました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなステキだね

    シリーズの中で、一番好きかな。
    友情物語なんだけど、奥が深いです。

    子供はどう思って、どう感じてるのか、
    気になりますが、あえて聞かず。

    誰でもいろんな顔を持ってるし、
    いつも同じじゃないし、
    自分も気付かなかった相手と共鳴する部分が、
    何かのきっかけで顔を出す、ってことありますよね。

    みんなが優しければ、世界は平和だな〜
    とつくづく感じるお話でした。
    この後、どうなっかたも気になります。

    寂しい人、自分を表現するのが下手な人、
    みんなと違う事に悩んでいる人、
    に読んで欲しいなぁ。

    掲載日:2010/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっぴり切ない・・・

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    乱暴者のティラノサウルスがある出会いによって変わっていくお話。
    娘はおもしろかったようで、3回続けて読みました。おとなは途中から展開が読める感じですが、ティラノサウルスの気持ちが伝わってきて、最後は少し切ない気持ちになりました。実際の人間関係でもこういうことあるかもしれませんね。
    不良の少年が純粋な女の子に恋をして変わっていくというベタな少女漫画、よく読んだなって思い出しました。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良い話です

    最初にこの表紙を見た時に個人的には、あまり興味を持ちませんでした。
    絵の印象が少し暗くて、恐竜が主人公なこともあって(娘なので)。
    でも、物語をよんでいくうちに、この本はうちの子どもたちに見せたいなぁと思えました。

    意地悪だったティラノサウルスが優しいエラスモサウルスに出会って、友達のなる。
    心の優しいエラスモサウルスに出会ったことで、友達を思いやり、意地悪だったティラノサウルスは、人の為に動けるようになっていきます。
    子どものこの絵本を読んでみたところ、子どもなりに何かを感じ取ってくれたようです。
    読み終わった余韻に浸って、考えているようでした。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の好きなシリーズ

    最近、宮西さんの絵本をよく借りてます。
    特にティラノサウルスのシリーズは好きなようです。(まだ内容は全部分かってはいないと想いますが)

    個人的に、このシリーズは最後に誰かが亡くなるパターンが多いなという印象で、それが幼児向けの絵本には合わない気がしてあまり好きではなかったんですが、こちらは最後、亡くなるキャラクターはいません(と、私は解釈しています)
    むしろ、読んでいて、おそらく最後は死に別れるんだろうなと思っていたので、ラストシーンに感動しました。

    掲載日:2014/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後が泣けます

    陸上の暴れん坊のティラノサウルスは、ある日おぼれて、海のおとなしいエラスモサウルスに助けてもらいます。強い友情で結ばれた二匹は、時にはエラスモがしっぽにつかまらせて海を案内し、時にはティラノがエラスモを背負って陸上を案内し、仲良くなります。でもある日、海でエラスモが海の暴れん坊に傷つけられ、ティラノが助けに行きますが、残念ながらエラスモは亡くなってしまいます。

    サウルスのシリーズ全体通して言えますが、やはり友情や愛情が大切であって、暴力は良くない。悪者ということになっていても、本当は優しいことだってたくさんある。

    いろんなことを教えてくれる本だと思います。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本来の自分の姿

     暴れん坊でいじわるな恐竜ティラノサウルスが、真の友情に目覚めるお話。
     人は、ふとした瞬間に、何気ない一言で、心の中がぐら〜っと大きく揺すぶられることがあると思います。ティラノサウルスもまた、エラスモサウルスのそんな一言によって、心の奥深くに眠っていた優しさが、呼び覚まされたんですね。そして、それこそが、本来の自分の姿だった・・・。
    「ほんとうの きみは、こんなにやさしい・・・ぼくの たったひとりの ステキなともだちさ・・・」
    息絶え絶えのエラスモサウルスの言葉に、目頭が熱くなります。

     このシリーズが大好きな娘は、くすくす笑ったり、冷や冷やと手に汗握りながら、ずっとティラノサウルスを温かい視線で見つめていました。
    いっしょに笑って、いっしょに泣いて・・・心を1つにして共鳴しあえるステキな絵本。

     娘が、とっても善いことをした日、「今日したことは、ほんとうに善い行いだったね。ほんとうにえらかったね。」と伝える代わりに、「きみはほんとうにステキだね」という言葉に代えて、娘に贈りました。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット