ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ころころぽーん」 みんなの声

ころころぽーん 作・絵:新井 洋行
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年06月25日
ISBN:9784593560776
評価スコア 4.28
評価ランキング 13,681
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 日本語ってホント雰囲気を表すのが上手

     な〜んて、楽しいんでしょう♪

     擬態語って、豊富ですねぇ〜。
     日本語ってホント雰囲気を表すのが上手な言語ですね。

     一匹のクマちゃんが、美味しそうな○○を狙って飛びついて、勢い余って、・・・。
     スゴ〜イ!擬態語だけで、見事なストーリーが出来ています。
     ワニさんの口をパカッと開いているページにドキリとし、クマちゃんが着地したところにほのぼのし、結構読み応えがありました。

     小さいお子さんは、大喜びだと思います。
     息子が小さかったら喜んだろうなぁ〜。

     そうそう、息子は「ぷちぷち」が大好きでした。
     擬態語絵本では、私的には「ぷちぷち」以来の大ヒット作品でした。

    掲載日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    3
  • 面白い

    面白い絵本だと思いました。とにかくリズミカルでどんどん展開していくストーリーが良かったです。音も楽しくて何度も読みたくなる絵本だと思いました。特にわにの登場する場面が気に入りました。妹の赤ちゃんに読んであげたい絵本だと思いました。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • お父さんに甘えたくなる

    ぐるぐるどぼーんが面白かったので、こちらも図書館で借りてみました。

    パターンは大きく変わらないのですが、最後にお父さん(?)のお腹でぽよんぽよーん、お父さんにぎゅっとされるのがとてもよかったようです。

    この絵本を読んですぐに、激しくタックルしてお父さんに甘えていました。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬音語が楽しい絵本

    表紙を見たとき、何が飛んでいるのかわかりませんでした。
    黒いもふもふのボール?毛虫?

    いえいえかわいいくまのこでした。

    擬音語が続き、赤ちゃんからでもこの音の表現を笑いながら楽しめる絵本でした。

    たったかたったかと軽快なリズムで始まり、ありえないくらい弾んでいくくまの子。

    子どもも夢中になってくまのこの行く末を見守ってしまいます。
    短い絵本ですが、楽しいので何度でももう一回もう一回!とリクエストされました。

    最後はお決まりでママのところへ戻ってくるという安心感。
    これも大事ですね。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話の最後にお母さんにぎゅっ、とされる

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    絵本は数多くありますが、こちらもそんな絵本です。我が子が保育園から借りて来た絵本です。ボールで遊ぶことの楽しさを覚え始めたばかりの我が子も、どうなるの、といった感じの表情で食い入るように絵本に見入っていました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年齢別の楽しみ方ができる絵本です

    新井さんの絵本(しろとくろ)は、9か月のころから娘が大好きで
    そろそろストーリーのある絵本を、とこちらを見せてみました

    熊の子がどんどんすすむすすむ・・・というストーリーはもう少し上の年齢向けですが
    擬音語と主にくろい熊の子がころがっていく、という読み聞かせは
    小さい子でも楽しめます。

    1歳のころは最初は擬音語で熊の子がころがる様子を楽しんで
    2歳ごろは、いろいろな動物が動物が出てくることを楽しんで
    もっと年齢が上がれば、くまのこと一緒にハラハラして

    いろいろな楽しみ方ができる絵本です。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいなリズム

    くまの子がりんごをとろうとして
    ミスってころころ転がって
    ふわふわした黒い丸いボールになって
    ぽよーんぽよーんとみんなの上を
    転がっていって。。。
    擬音の繰り返しのリズムが楽しい絵本でした
    最後のぎゅっ!で抱きしめてもらえたのが
    また可愛かったです

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬音のリズム♪

    くまの子が転がっていくお話。擬音で進んでいくので息子も聞いてくれてるし、リズミカルなので読んでいる私も楽しいです。いろんな動物が登場するのも可愛いと思っいました。おかあさんにぎゅっとされている幸せなラストも良かったです。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい♪

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳4ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    新井洋行さんの絵本を気に入る事が多いので、借りてみたのですが、今回も他の絵本同様気に入りました!!
    とっても可愛らしい絵で、音も楽しい♪
    小さい子が喜びそうな絵本です。

    掲載日:2015/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと早くに

    3歳の娘に読みました。
    もっと早くに読んであげていたらヒットした絵本だったなぁという気持ちでいっぱいです。
    とっても動きがある絵本で、その動きも音も全部がおもしろいです。
    ただ3歳くらいの子にはストーリーとして物足りないかな。
    もう少し小さい頃に読んでいれば、大爆笑だっただろうなと思いました。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット