十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

世界は気になることばかり」 みんなの声

世界は気になることばかり 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784033322506
評価スコア 4.08
評価ランキング 17,970
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 確かに気になる!

    • リーパンダさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    うちは上の子がこんな風に人が見てないところを見てる子だったので、
    もしかしたら同じ気持ちだったのかな〜と、
    改めて気づかされた1冊でした。
    子供たちのも読んでもらったのですが、
    やっぱり、上のこの方が反応が良かったです。

    いろんなものを興味を持ったり、
    見つけたりすることは、とってもいいこと。

    ぜひ、幼稚園くらいのお子さんに読んでもらいたいですね。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 色々な見方

    子どもと一緒に間違い探し間隔で楽しみながら
    読みました。なかなか見つけるのが難しく、
    子供の方が先に見つけることが多かったです。

    なるほどと大人の観点でも考えさせられる場面もあり
    大変楽しく読みました。

    掲載日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 意外に奥が深い

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    五味太郎さんが描く、気づきの世界。
    各ページ、いろいろな場面が提示されますが、
    文章で「ぼく」が、あることに気付く、という趣向です。
    絵の中に、おかしな部分が紛れ込んでいるということで、
    突っ込みどころがいっぱい、ということでしょうか。
    もちろん、五味さんの描く軽妙な絵が見所なのですが、
    日常生活の中には、気づかないことがたくさんある、ということを改めて実感させてくれます。
    意外に奥の深い、読後感でした。

    掲載日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供目線の普段の何気無い風景の中に潜む間違い探し。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    そんな訳ないでしょ〜と思いながら読みました。男の子が発見したおかしなポイント、大体は見つけられたんだけれども、夜空の星は何かの文字…解読出来た方、いますか?五味太郎先生の絵は可愛いよね。見てるこっちまで可愛くなりそう。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるわあ

    そう、世界は気になることで満ち満ちているんですよね。
    この絵本の「ぼく」みたいに、あんまりおかしなものは見つけられない
    けれど、私も、娘も、「ん?」と思うようなものを、それぞれ発見する
    毎日です(それぞれ・・同じものに「ん?」とはならないのがおもしろい
    ところ)。
    娘はやっぱり、ちいさな子どもなだけに、「ぼく」と感覚が近いかも
    しれないな。ありさんやだんごむしさん系。
    それぞれの気になることを披露しあって、ぐんぐん世界を広げて
    いきたいって思います。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぼく」が教えてくれる気になること。

    ビルの展覧会や星空の文字、動く島に逆さまの凧。
    …確かに気になることばかり!

    世界にはこんなにも、不思議が隠れているんですね
    そしてまだまだ気付かないことは、いっぱいあるはず…。

    なんだか間違い探しをしているみたいで、とってもおもしろかったです!

    掲載日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人からの視点では絶対に気がつかないことを、子どもが気がついていることがよくあります。
    たとえば、今までつぼみだった花が咲いていたとき。
    おなかの大きかった猫が、子猫を連れて歩いていたとき。
    大人は、「ふーん」と通りすぎることばかり。でも、子どもにとっては、世界は不思議なことでいっぱい。新しい発見でいっぱいなんですね。
    この絵本の中にも、いろいろな不思議が詰まっていました。
    親子で不思議を探すのも楽しそうです。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を見てるだけでも楽しい

    見開きで大きな絵があって、下の部分の空白に一行のみ文章が載っている絵本です。
    『世界は気になることばかり』のタイトルからして気になります!

    主人公の「ぼく」が世界のいろいろなことに気づいていくという絵本なのですが、ぼくが気づいたこと以外もたくさんの『気になること』が詰まっています。
    絵本を開く度に新しいことに気づくことができる、何度でも楽しめる内容です。

    現実の世界にも、絵本の中の絵と似たようなことが起こっているかもしれないですね。世の中の気になることに目を向けたくなる、向けるきっかけをくれる絵本です。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなじみの風景のはずだけど

    いつも見慣れている、おなじみの風景のはずなのですが・・・よく見ると、思わず「くすっ」と笑えるような場面がありますよね。
    観光バスの中のガイコツなんて、子供も見つけて喜んでいました。
    この世界も、まだまだ面白いのだなーと思いました。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を見て楽しむ本

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子1歳、女の子0歳

    率直に、五味さんの感覚というか、気になることって一味違うなと感じました。
    題名だけ見て借りて読みましたが、もっと共感できる様な気になることが沢山出てくるのかと思いきや、そうでもなかったです。
    途中から、主人公がちゃんと描かれていることに気づき、どこにいるのか探すのが面白かったです。

    大人が楽しむ本だと思いました。

    掲載日:2012/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット