あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

チム・ラビットのおともだち 」 みんなの声

チム・ラビットのおともだち  著:アリソン・アトリー 石井 桃子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1979年10月
ISBN:9784494011063
評価スコア 4
評価ランキング 22,502
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 声に出して読んであげてほしい作品。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    邦訳は石井桃子さん!!ご自身でもお話を書いていらっしゃる作家さんですが、日本が誇るめい邦訳者です。
    イラストは中川宗弥さん。
    タイトルはすぐ思い出せなくても、幼いころにこの童話を読んだ人たちは、この表紙絵や挿絵を見ると「あぁ、チム・ラビット」!!と思い出せると思います。
    チムは好奇心旺盛な、どこにでもいる男の子(うさぎの子ですが)。

    お話は7つの短いものに分かれていて、それぞれの内容は1話完結になっています。
    字も大きくソフトな活字で、行間も空いているので、字を覚えた4,5歳くらいからでも一人読みできると思いますが、
    石井桃子さんの素晴らしい邦訳で、素敵な文章で綴られているので、お父さんやお母さんなど、身近な大人が声に出して読んであげた方が、チムの冒険のあれやこれやが子どもたちの心に映像となって浮かぶんじゃないかな〜と、思いました。

    お薦めは4,5歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちです。
    私は個人的にチムと敵対しているキツネが好きです。
    この話を読んでいると、チムの方がいたずら好きで手が付けられず、自分の子どもたちのために一生懸命やっているキツネの方を応援したくなります。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット