なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

赤い蝋燭と人魚 」 みんなの声

赤い蝋燭と人魚 著:小川 未明 岩崎 ちひろ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年06月
ISBN:9784494021178
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤い蝋燭と人魚のお話は 小川未明氏の作で いわさきちひろは1974年8月8日に帰らぬ人となった彼女の絶筆となった作品です

    私が、独身の頃に読んでもっていた大切な本です

    お話は人魚の悲しい運命  人間と顔がよく似ている人魚が自分の子供を人間界に産み落と おばあさんに拾われます
    神様の授かり物だと おじいいさんと大切に育てるのです  蝋燭を作り売って生計を立てていた夫婦でした。 美しい娘になりましたが 人魚の子供と知って大切に育てていたはずなのに 香具師(やし)に娘を高い値段で売ってくれと何度も頼まれ 心変わりして売るのです
    なぜ? 老夫婦が心変わりし 鬼のような心に変貌したのでしょう?
    どうして 大切に育ててあげなかったのでしょう

    昔話ならば おじいいさんとおばあさんが 大事に育てるというのが多いのに・・・・

    小川未明氏は このお話で 人間は恐ろしく変貌するものだと言うことを言いたかったのでしょうか?

    神の罰が当たるということ 人間の愚かさを私たちに伝えたかったのでしょうか?
    大人向けのお話しのような気がします。

    今度このお話しを語りでして下さるので楽しみにしています
    自分の絵本を読み返し感銘を覚えています

    いわさきちきろさんが、ガンの病を押して 日本海を、未明の心に触れようと訪れ描いた絵の作品との後書きにも驚きました

    未明の次女である岡上鈴江さんの後書きも、未明の芸術への思いがつづられ 人間の命は、死によってこの世からなくなりますが・・・
    後世に残せる芸術の深さがつづられています
    古い本で 絵本ナビでは 酒井駒子さんの画の作品の紹介が有りましたが 私は自分の大切ないわさきちひろ画の絵本を紹介します

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 正直言えば『赤い蝋燭と人魚』は、酒井駒子さんの絵が最高だと思っていますが、この絵本がいわさきちひろさんが病気をおしてこの世に残した最後の作品だと知って、感慨深いものがあります。
    モノクロームで静かな絵が、小川未明の名作にひそやかに添えられています。
    どちらかと言えば、挿絵のようでもあるのですが、この物語のためにやっとの思いで描いた絵が、饒舌であろうはずがないと思います。
    この物語の絵を描くために、いわさきさんが病苦に耐えながら取材旅行をしたエピソードが文末に添えられていました。
    少し長めの解説に、いわさきさんへの追悼が読み取れます。
    遺作がこの物語であったことも、とても意味深い感じがします。
    赤いろうそくと人魚の物語は、哀愁がいっぱいです。
    人の性と人魚の健気な思いが切なく絡み合って、赤いろうそくに象徴されています。
    いわさきさんの絵で赤はとても魅力的で存在感があるのですが、この絵本に色はありません。
    なんだか目頭が熱くなる本でした。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット