貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あかまんまとうげ 」 みんなの声

あかまんまとうげ 著:岩崎 京子 岩崎 ちひろ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年10月
ISBN:9784494023219
評価スコア 4
評価ランキング 23,615
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の弟か妹が生まれる。
    お母さんの出産入院のために、かっこちゃんは山に住むお母さんのふるさとに預けられます。
    おばあさんは一生懸命、かっこちゃんの気持ちをほぐそうとします。
    どうしてもお母さん恋しさに負けてしまいそうになるかっこちゃんの心。
    そんな出来事をいわさきちひろさんの絵がやさしく包み込みます。
    緑の中に様々な光景を沈めて、いわさきさんのために書かれた物語のようにも思えました。
    表紙の絵がとても印象的。
    岩崎京子さんの語る「あかまんまとうげ」の由来にはとても和みました。
    お米とあずきを背負って越そうとしたら、暑さで赤飯になってしまったという、とてもおめでたい峠。
    かっこちゃんの我慢も、弟が生まれた知らせに救われました。
    これからはお姉ちゃんとして、強くなっていけそうです。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット