庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おにわでみつけた1・2・3」 みんなの声

おにわでみつけた1・2・3 作・絵:ワード・シュメイカー
訳:竹下 文子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784032026405
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,131
みんなの声 総数 4
「おにわでみつけた1・2・3」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 数字が英語でも書いてある

    数字が最大223まで書いてあります。英語と読み方も、、、。でも、数字全部あるわけじゃなく、飛び飛びで223まで書いてます。

    英語と一緒に覚えられるのはいいかも、と思いますが、個人的にはせっかくなら全部飛ばさずに教えたいです。

    ただし、1〜10まで書いてあるのはよくあるけど、大きい数字まで書いてあるのは魅力かと思います。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手ごろな数絵本

    ”3歳0ヶ月の息子に読んでやりました。もう20までは数えられるのですが、それを一緒に数えて遊ぶ絵本としては、手ごろだと思いました。

    数えさせるモノがお庭にあるもの、ととても身近なもので構成されているので、言葉遊びもできて、息子は楽しかったみたい。ただ、後半はまだ数えられない30、40、50、233とどんどん大きくなるので、無理に数えさせずに、かくれんぼとして楽しませました。

    10まで数えられたら、数えることが楽しくなるようなそんな本ですよ。”

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数えるのが大変でした

    1、2、3と数える事はできますが
    ワン、ツー、スリーも書いてあったので
    一緒に読んでみました。

    本当に庭にあるものが出てきて
    20、30などもありました。
    最後のページのまめくんには驚きでした。
    一緒に数えてみようと始めましたが
    途中で断念・・・・
    なかなか面白い一冊でした。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に数えてみよう

    数のえほんですが、数える対象がとってもユニークです。
    踊る花とか涼しいこかげとか登場します。
    綺麗に横に並んでくれているわけでないので、数が
    増えていくと読むのがちょっと難しいです。
    作者さんの息子さんがパパのことを233ぐらい好きだと
    言った理由で、最後は233のおまめが登場。
    これは圧巻です。

    掲載日:2004/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット