あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ラッキーどんぐり」 みんなの声

ラッキーどんぐり 作・絵:木戸 寛子
出版社:新風舎
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784797440706
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「ラッキーどんぐり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラッキーの宝物

    こんにちは。
    私は二人の娘の子育てに追われてるママです。

    この絵本ラッキーどんぐりは、今、娘二人のお気に入りのようです。
    下の子は、よくおもちゃを何処かにしまうと忘れてしまって泣き出してしまいます。
    そうすると上の子が見つけて、
    「ほら、やっぱりラッキーの宝物でしょ!」って言って妹をからかったりするのです。
    大人の私から見て、この絵本は、
    木々の淡い描写やリスのやわらかな毛並みがあたたかで、自然のぬくもりを感じます。
    最近の災害などを目のあたりにすると、自然というものは、とても恐ろしいもの、と感じますが
    この絵本を読むと、本来みんなと仲良しのはずの自然が、今怒ってのかしら・・・?
    なんて思ってしまいます。

    二人の娘にとっては
    そんな森や自然のことより、忘れ物が出てきた時には「ラッキーの宝物」を歓んだり、
    おもちゃや私のアクセサリーをクローゼットに隠して宝さがしをしたり、
    ラッキーとチェリーの恋のことを相談したり、大自然より、ユーモラスなリスたちの日常に関心があるようです。

    最近、刺激の強い映像が多い中で、この絵本は、
    子供が穏やかに感受性を伸ばせるような作品のようです。
    娘たちには、森の小さなリスからの素敵な楽しいお話をもっと聞かせてあげたいと感じます。

    親としては、「ラッキーの宝物」のように子供自身の才能とか小さな芽を見つけたら、それを大きく育てていきたいと思います。

    掲載日:2005/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春が楽しみな素敵な秋の絵本

    すっかり涼しくなりました今日この頃ですが、先日絵本の図書館に桃華と行ってきました。そこで“ラッキーどんぐり”という絵本をみつけました。

    その絵本を手にすると、りすや風景がとても素敵に描かれていて、桃華もりすのあたまに付いている白い花が気に入ったようでとても喜んでいました。最近オシャレが気になりだしているようです。

    タイトル自体響きが明るい言葉で、この絵本に出会えたことが、なんだかとても幸運な気がしてきました。何度言っても明かるい言葉なので、2人で「ラッキーどんぐり!ラッキーどんぐり!どこにいる?」などといいながら、歩いていると不思議なことに、当たり前のように目にしているどんぐりに何故か2人で感動してしまいました。
    桃華もラッキーくんみたいに遊んで、すりむいたりして大変でしたが、とてもはしゃいで楽しんでいました。
    見つけたどんぐりは持って帰ってさっそく2人でラッキーくんみたいに植木鉢を宝箱にしてに植えました。当たり前にある木も大切に育てる気持ちを育んでくれたらいいなと感じます。

    どこからかリスたちが遊びにきてくたら、そのまま絵本の世界になるようでした。。

    子育てって大変だけど楽しいって思える瞬間(^−^)クリスマスには桃華にこの絵本“ラッキーどんぐり”を買ってあげようかな、と思います。

    掲載日:2004/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット