なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

新装版 おじいちゃんのまち」 みんなの声

新装版 おじいちゃんのまち 作・絵:野村 たかあき
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784061323018
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,478
みんなの声 総数 8
「新装版 おじいちゃんのまち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人のふれあいの温かさ

    版画ですね!?
    素敵だなぁ・・・

    内容もいいです
    ひとり暮らしのおじいちゃんを心配する
    孫の気持ちがなんともありがたい

    でも、その孫ちゃんも
    おじいちゃんと一緒に銭湯に行くと
    その道々、なぜおじいちゃんが
    この街を離れたくないのかが
    わかってきます

    ちょっといじわるそうなおにいちゃんも
    ちょっとしたことでいいおにいちゃんなのかな?
    と思える

    普通の生活の大切さを
    静かに
    でも、人との交流が心豊かに
    描かれています

    大切なことですよね

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじいちゃんの世界

    おばあちゃんがなくなって、一人暮らしのおじいちゃん。
    一緒に暮らそうよと、孫のゆうたに言わせたものの…。
    さりげないおじいちゃんの生活。
    魚屋さんや八百屋さんとなじみで、銭湯では知り合いがいっぱい。
    おじいちゃんの世界があるんだなーと思いました。
    読み聞かせをしながら自分は親のことを考えるわけですが、きっと老夫婦だけの生活にも自分たちの世界がある。
    それが、親にとって大事なんだよなーと考えつつ読んでみると。
    行きつけの銭湯も、お店もない。
    友達がいないと親も寂しい。
    たんたんとおじいちゃんのまちの紹介ですが、感じることは大きい。
    中学の息子は、りんごをもらって帰ったのかななどと予想外のチェックをしていましたが、こんな作品も重要と思いました。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • ともに生活する街。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    おばあちゃんが死んでしまってから、ずっと一人暮らしのおじいちゃん。
    淋しくないのかな。
    僕たちと一緒に暮らせばいいのに・・・

    おじいちゃんの家へ遊びに行き、おじいちゃんとおじいちゃんの街を歩く。
    魚屋さんも八百屋さんもお風呂屋さんも畳屋さんも・・・
    ぼくがおじいちゃんを好きなように、みんなおじいちゃんを好きなんだ。
    そして、おじいちゃんもみんなが好きなんだ。

    おじいちゃんの穏やかな生活。
    おじいちゃんの街の優しい人たち。
    ぼくの心配はきっと解消されたに違いない。

    地域社会との関わりが希薄になっている昨今、
    ともに見守りあいながら寄り添って暮らす街は、
    子ども達にはファンタジーの世界に見えるかも知れない。

    子どもに声をかける大人達の視線の低さ。
    踏み込み過ぎずに、思いやり会う優しさ。

    ゆっくりと、きちんと、生活しているお話し。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふつうのできごと

    近所の本屋さんをのぞいたら
    「おじいちゃんのまち」の新装版がでていました。
    じぶんが好きな絵本が装い新たに本屋さんにならんで
    それでうれしくなって感想をかくことにしました。
    「ぼく」が「おじいちゃん」のすむ町をたずねて
    おじちゃんといっしょに町をまわる。
    要約すればそれだけの話ですが
    「ふつうのできごと」を
    「ふつうに」描いた絵本が少ないので心にしみます。
    ナンセンスや奇抜なアイデア。
    そういう絵本ももちろん賛成ですが
    こんなふつうの絵本をもっともっと大切にしたいです。
    木版画の町並みがすてきです。

    掲載日:2004/11/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昭和の雰囲気

    ぼくが、おじいちゃんのまちに遊びに行って、おじいたゃんと銭湯に行きます。
    その道中、おじいちゃんの知り合いと軽く会話し、銭湯でも、知り合いに会い一緒にお風呂に浸かります。

    なんてことないストーリーですが、懐かしさがあり、人の繋がりや優しさを感じました。

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 版画

    版画で表現されている表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公の御爺ちゃんがどれほど住んでいる街を愛しているのかが伝わってくる絵本でした。一生暮らしてきた街をこれ程愛着を持って大切にしている御爺ちゃんの笑顔がとても幸福に溢れていて私も嬉しくなりました。銭湯の魅力も感じられる絵本でした。文字も味があって気に入りました。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 下町の暖かさが感じる

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    隣町で一人暮らしをしているおじいちゃんを孫の目から見て語っていくお話です
    風呂屋へ行くときにおじいちゃんと町の人たちとの会話の中におじいちゃんは寂しくないのだと感じていく様子がほのぼのとして暖かいです
    木版画の技法もすばらしく絵本を彩ります
    高齢化社会において独居老人という名称を良く耳にしますが、住み慣れた町でお互いに声を掛け合いながら生活していくことが可能であればいう事ありませんね
    都会では最近難しくなってきていますが・・・
    おじいちゃんの時代を体験することは出来ませんがこうして絵本で伝えるのも良いと思います

    掲載日:2008/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある、こんなまち

    • なずなさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    ゆうたが、おじいちゃんのまちを、おじいちゃんと一緒に歩きます。まちの人との会話、こんな風景、今もどこかにあるだろうなぁと思いながら読みました。銭湯好きのわが息子たちは、銭湯の場面がお気に入りらしく、嬉しそうに見入っていました。

    掲載日:2006/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット