サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

かばくんのいちにち」 みんなの声

かばくんのいちにち 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1991年7月
ISBN:9784251001214
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,286
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かばくんと一緒に

    2歳2ヶ月の息子に読んでやりました。かばくんの一日を一緒に振り返りながら、そのシーンで登場するさまざまなモノにも会うことができます。それらは、右のページにただ並んでいるので、言葉を覚えている最中の子供には、とっても最適です。うちもちょうど言葉を覚えているところなので、指でさしてこれはなに?とか、ズボンはどれ?と言葉を覚えたり発してもらったり、とただの絵本ではなく、フラッシュカードのようです。

    突然でてくるフラッシュカードと違い、そのシーンにヒモづいているので関連性とか、拡張性とかイメージしやすいみたいです。私も、いちいちこまかく説明する必要がなく、読んでいて楽です。なにげなく繰り返している毎日の出来事を一緒に見ていくだけでなく、言葉あそびにも使えるのでこの本はお得感たっぷりですね!

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 平凡な幸せ

    かばくんの暮らし絵本で、平凡な一日が一番の幸せなんだと再確認でき

    ます。そんなことに気づかしてもらえる絵本なので感謝したいです。

    ゆっくり、ゆっくりの孫ですが、いつかこうやってかばくんのように

    やれるんだと希望がもてる絵本です。かばくんに興味をもったのか

    じっと聞いている孫です。かばくんのようにスプーンが持てるように

    なりました。お口にも持っていけそうなんで、とても感激してそんな

    ことにとても喜べます。絵本の大好きな孫なので孫にとってとても

    脳の発達に役に立っています。生まれた時から読み聞かせ続けている

    のがよかったのだと思います。洋服を着る場面もいつかきっと着れる

    ようになった時は、かばくんみたいだろうなあ?って思っただけでも

    嬉しくなる私でした。ほのぼの感がとても幸せになれます。

    ああ、そういえば娘もこんな頃があったなあって懐かしさがこみ上げ

    てきました。とても幸せをもらえる絵本です。

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • いちにちの流れをおさらいしました

    1〜3歳くらいの子にオススメの本です。

    幼稚園に通い始めた娘にはちょっと遅かったかなと思いながら図書館で借りたのですが、朝起きてから夜寝るまでの流れをおさらいすることができて良かったです。
    起きたらトイレにいく。ごはんを食べて、遊んで、外から帰ったら手をあらう。おやつ、夕食、おふろ、・・・。
    それぞれの項目ごとに図鑑のように関連するイラストが並んでいます。
    娘は、自分のいちにちと比べながら楽しそうに読んでいました。ソーセージにフォークがうまくささらない場面や、高くつんだつみきが崩れてしまう場面など、「おんなじだね!」と笑っていました。かばくんが自分と似ているから共感できて楽しめるのでしょうね。

    かばくんシリーズは他にもたくさん出版されています。娘は「ぜ〜んぶ読もうね!」とはりきっています。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しく一日やものの名前を学べる

    ほんわかとしたイラストでかばくんの一日が描かれており、息子もお気に入りです。左ページに文章とそれに関するイラスト、右ページはそのことに関係するさまざまなものが可愛いイラストで図鑑風に描かれており、ものの名前を覚えるのにも役立ちます。(例:かばくんが外に出てアリを観察している場面では、右ページには身近にいる色々な動物が描かれている。)息子はかばくんがお母さんに遊んでほしくて「ねえねえ」と呼びかけてエプロンの紐をひっぱるうちに、エプロンだけが抜けて「わっ」とひっくり返る場面が特に好きで
    、毎回毎回何度も読まされます。読むうちに一日の流れが自然に頭に入るとも思います。

    掲載日:2007/08/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 朝起きてから眠るまで

    朝起きてから眠るまでの、かばくんの一日の生活の絵本です。
    お隣のページには、おうちで使うものや、食べ物など、いろいろな
    アイテムがかわいい絵で描かれています。
    これはなにかなと一つ一つ見てゆくと、いっぱい遊べました。
    どろんこあそびや、おやつの時間、眠る前のひとときなど
    楽しいえほんです。

    掲載日:2017/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1日の生活を確認できる

    タイトル通り、かばくんの1日が描かれている絵本です。

    絵が優しくて、私は好きです。

    かばくんと、1日の生活を順を追って確認できるので、入園前くらいの子供にピッタリだと思いました。

    うがい・手洗いまでも、細かく描かれていますよ!!

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かばくん

    かばくんの絵本を気に入っている様子なのでこの絵本を選びました。かばくんの一日を疑似体験することによって一日の生活の流れを学ぶことが出来る絵本でした。娘がかばくんに興味を示すので興味があるかばくんとなら押しつけがましくなくいろいろ学習出来て良いと思いました。私は朝ごはんの場面がとても気に入っています。娘もかばくんの様にお手伝いするのが大好きになるようになって欲しいです。

    掲載日:2008/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かばくんと照らし合わせて

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    かばくんが朝起きてトイレに走る場面から、お布団に入って寝るまでの一日が、おもしろかわいく描かれています。

    かばくんのズボンの片方に両足を入れてしまったり、お風呂上りにパンツ一枚でかけまわっている姿は、まさに息子と同じなので、とても親しみやすく、息子の一日と照らし合わせながら読みました。

    また、それぞれの場面で使うものの一覧が描かれているので、図鑑を見るようなおもしろさもあります。

    掲載日:2007/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「普通」の生活がファンタジーに

    朝パパが会社に出かけて、ママは家事、
    そしてご飯に、夕方パパが帰って、お風呂・おねむ。
    かつては普通であったはずの一日が
    淡々と、それでも楽しくすすみます。
    このご時世では正直ちとアレですが、
    まさにファンタジーとして楽しめばよいのかもしれません。

    娘は、
    かばくんのちょっとした失敗などを自分と重ね合わせて
    感情移入して楽しんでいたようです。

    掲載日:2007/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳でも楽しみました

    4歳でも十分に楽しめる本みたいです。読み終わったらもう一度読んでと言ってきました。かばくんのいちにちが描かれている本なのですがこのかばくんはあわてんぼうさんでドジなんです。そこが共感できるみたいで喜んでこのかばさん面白いねと喜んでました。ちょっとした図鑑になってるので例えば左ページでかばくんが洋服を着替えるところが載っていてその右ページにはたくさんの洋服がのってます。それを見てどの服がかわいい?とか言い合いして楽しみました。

    掲載日:2007/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット